時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

ニュージーランドのワーホリ費用は35万円で絶対に十分だ。

スポンサーリンク

どうも、マーディーです。

費用が貯めれなくてワーホリ来れないの?


ニュージーランドなら、35万円あれば十分足りるよ。俺は35万円だけ貯めて来たよ。

安いって思った?けど、35万円なら、ワーキングホリデーに行けるって思ったしょ?

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ

なぜニュージーランドのワーホリ費用は35万円で十分なのか?

少なすぎるだろ!って思う人もいるかも。

けど、英語が話せなくても3週間あれば、絶対にアルバイトを手に入るから!ならお金も作れる、初期費用はそんなにいらない。

アルバイトをするにあたって絶対に必要な銀行開設とIRDナンバーの取得はどうしても最短で、約2週間かかると思います。

その後の1週間で、アルバイトを探します。なので、この3週間を生き残るための費用さえあれば良いのです。

アルバイトが1週間で見つかる理由

英語が話せなくてもできるアルバイトは正直いくらでもあります。

NZdaisuki.comこちらの求人掲示板を見れば必ず1日1つは英語が話せなくてもできる日本食レストランのアルバイトが掲載されています。

なので、まずは片っ端からこれらのアルバイトに募集する。そうすれば、必ず仕事を1週間で手に入る。

日本食レストランではなく、英語ばかりの環境が良いと思うと思いますが、日本で貯金しながら、どんどん先延ばしになるワーキングホリデーより、来てしまった方が良いに決まってるから!

けど、とにかく応募しまくるのが大事。本当にとにかく片っ端から応募!

ニュージーランドへのワーキングホリデー費用詳細

ニュージーランド出発前編

パスポート取得費用

何よりも先に、必要なのはパスポート。これなきゃ、出国すらできんよ。

5年間用 11,000円
10年間用 16,000円

明らかにお得感で言えば、10年間用なので、どうせなら10年間用を取得しましょう。

パスポート取得費用は16,000円


Visaにかかる費用

ニュージーランドにワーキングホリデー行こうと思い、最初にぶち当たる壁はビザだと思う。

ビザを取るのにどれだけお金がかかるのか全く見当もつかない人は多いだろう。

先に値段を言うと、約7000~30000円。(病院によって値段が違うため。)


この、値段はビザ取得時に健康診断/胸部レントゲンを提出しなければいけないため、病院での診査にかかる費用です。
この値段は病院によって違うので、住んでいる地域によってお金にばらつきはあります。


ビザにかかる費用は約7000~30000円です。

ニュージーランドビザ申請のための指定病院リスト

こちらのサイトから指定病院のリスト、値段がご覧になれます。


Visaを1人で取るのが不安でも、エージェントにお金を払うのはマジでもったいない!1人でも絶対にできます!!

nz-ryugaku.com

このサイトが分かりやすいですが、分からない方は僕が無料で、相談受け付けますよ。

保険にかかる費用

ニュージーランドのワーキングホリデーは保険加入が必須ではないので、「俺は絶対に大丈夫。」という人は0円ですが、万が一ということもあるので、必ず加入したほうが、いいよ。


僕が加入したユニケア保険に加入した場合、364日間の費用で約$794つまり、約65,000円です。

これは他の保険料に比べ半額以下でしょう。下記サイトから詳しいことがわかるので、是非。

ユニケア保険


保険にかかる費用は、約65,000円です。


ニュージーランド行きの片道のチケットにかかる費用

ニュージーランドは往復ではなく、片道のチケットがあれば、入国できます。
これは、時期によって全然違いますが、スカイスキャナー約25,000円という格安で手に入れることができます!

しかし、25,000円という数字はさすがにかなり、時期を偉びます。50,000円くらいが平均と考えてもらって良いでしょう。

ニュージーランド行きの片道のチケットにかかる費用は約50000円です。



日本から持って行くものにかかる費用


かかる費用はほぼ0円


海外で生活するといっても、同じ人間が生活している場所だから、大丈夫。

また、ニュージーランドは比較的日本からも近いですし、大きな街には日本人も多いので、100均みたいな場所もあるから、いざ、ほんとに何か日本の物が必要だという時に感じれば買えば良いよ。

衣類は今あるもので十分だし、現地でも買えるから1週間分から10日間分あれば十分!

  • コンセントの変換プラグ

ニュージーランドに持って行くもので、本当に必要なものってこれくらい。これも、現地で買えるけど、到着初日に、充電だろうし。

どうせならUSB付きで。

simフリーの携帯は買っておくべき!とよくありますが、これも正直、現地で買えば良いでしょう。とりあえずは、ニュージーランドにある大手スーパー、NEW WORLDCountdownで格安の携帯(約2000~3000円前後)で最初は事足ります。

いま、持ってるスマートフォンもニュージーランドで、Wi-Fiに繋げば使えるから、電話や、メールは格安携帯で、調べ物は日本からのスマートフォンのように使い分けで。
どうしても、しっかりとしたiPhoneやスマートフォンが欲しければ、オークションサイトや、売買掲示板を使用して安いものを手にれることも可能!

http://www.nzryomiyu.com/entry/20161120/1479633104www.nzryomiyu.com
NZdaisuki.comTradeMeで安く購入できるよ!


どうしても日本で購入と考えている方は1万円以下で

こんなのも。

長くなったけど、日本から持って行くものにかかる費用は、約1500円(変換プラグのために)。


さて、これで出発準備は整いました。(勝手に。)

ニュージーランドに到着後編

ニュージーランドの語学学校の費用

これは0円で抑えましょう。

よっぽどの理由が無い限り、語学学校なんか通わなくて良い。

詳しい理由はこちらに

www.nzryomiyu.com



なのでニュージーランドの語学学校の費用は0円。

到着後3週間の住まいの費用

ぶっちゃけ、高いニュージーランドの家賃。けど、探せば1週間$150(約12,000円)のシェアハウスなんてゴロゴロ。

もちろん、綺麗なところに住みたいなら別だけど、探せばある程度、綺麗でこの値段で見つけれますので、そんなにこだわらないという方はとりあえず、仕事が見つかるまで安い場所に住んでみるのが良いよ。

シェアメイトとの会話で英語力が上がることも間違い無しだし。語学学校に通うより、リアルな日常会話が学べるので、1人で住まずにシェアハウスに住んじゃいましょう。

到着後3週間分の家賃と敷金(2週間分の家賃という設定で)にかかる費用は$750、約60,000円です。

銀行開設にかかる費用

これは0円です。

現地銀行口座開設 | ニュージーランド留学センター
銀行開設については、こちらが詳しいのでこちらを!

銀行開設には費用が一切かからないので、0円です。

18+カードにかかる費用

これは18歳以上を証明するための費用。パスポートがあれば良いけど、パスポートを毎日持ち歩くのは、まじ危険。なので、これを作っちゃば安心だし、証明できる!

申請料金は$30なので、約2500円

18+カード | ニュージーランド留学センター
詳しい申請方法はこちら。こちらには$20と書かれてるけど、変わったみたい。

18+カードにかかる費用は約2500円です

IRDナンバーにかかる費用

こちらは仕事をするにあたって必要な番号。

IRDカード(IRD番号)申請方法 【2017年度版】
こちらのサイトで大変詳しく説明されています!しっかりと読み、働くための準備。


こちらも0円です。

よってIRDナンバーにかかる費用は0円です。



実際に35万円だけ用意して来た俺


上記のお金を全て足した場合、

パスポート + ビザ(30,000の場合) + 片道チケット + 保険 + 変換プラグ + 3週間分の家賃 + 18+カード = 22,5000円



残りの12,5000円を食費、移動費などにあてれば3週間など余裕どころか、お金があまるくらい。


こんな感じで来て実際にいま生活していますが、未だに持ってきたお金は10万円以上。
ニューカレドニアに旅行した際に、かなりお金がかかったから、アルバイトをしているにも関わらず、僕の場合はこんなに少なくなったけど、楽勝。



費用のことで悩んでニュージーランドのワーキングホリデーに踏み出せていない君!!35万あればニュージーランドにワーキングホリデーができます!!


どんな相談も無料で受け付けるよ!