時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

4ヶ月経過したので、ワーホリ中の仕事の感想。コネありがとうSP

スポンサーリンク

もうニュージーランドに来てから、4ヶ月も経ってしまった。

イギリスにいた時もそうだけど、めちゃめちゃ時間が過ぎるのは、早い…。


そして、この4ヶ月間に仕事を3つ手に入れて、いまは掛け持ちをしている。

なので、そのアルバイトを手に入れるまでの過程、やってみた感想を軽く書きたいと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ



カフェでのアルバイト

これは、オークランドのとあるカフェでの仕事。
フロントスタッフとして、接客を行っている。

しかし、バリスタではないので、コーヒーを作っているわけではありません。

手に入れるまでの過程

バリスタの募集をしていたので、応募をしてみた。
正直、最初は日本語サイトを仕事を探すと、英語環境では無い場合が多いと聞いていたので懸念していたんですけど、とりあえず最初だしということで、応募。

まさかの、シカト

バリスタ経験者募集に対して無経験の僕が応募したんで当たり前ですが!なので、直接会いに行くことに。そして、応募したムネを伝えところ。

「経験無いから、シカトしてたわ!とりあえず、トライアルしてみる?」

とのこと。さすがに直接出向いた場合には、シカトされませんでした。直接出向いて、シカトされてたら立ち直れ無かった。笑

そして、そのトライアルで無事働かさせていただくことに!

仕事内容

主に、レジ打ち、ランナー、掃除などなど。です。

しかし、やっぱり、カフェでフロントスタッフとして、働く以上コーヒーは作れるようになりたいところです。
なので、今年度の目標はまず、コーヒーを作れるようになること。

実際に働いてみて

日本語のサイトを見て探したとはいえ、会話の9割は英語です。僕以外の日本人フロントスタッフは1人しかいないし、お客さんの99%はニュージーランドの方なので、英語環境です。

仕事を難なくこなせているわけではないけど、ある程度不自由なく仕事できてます。

けど、だからといって、英語がものすごく上達したかと言われると微妙で、カフェ内でよく使われる単語に慣れてきただけな感じです。
まだまだ、お客さんとのスモールトークには支障ありなので、まだまだ、精進したいなー。という感じ。

コーディネーターの仕事

これは、雑誌やテレビ局などが撮影する際の旅行の手配、通訳をする仕事です。
場所は様々で、ニュージーランド国内だけでなく、ニューカレドニア、オーストラリアなどで行います。

手に入れるまでの過程

これは、カフェのほうのオーナーさんの旦那さんのビジネスで、たまたま声をかけていただきました。

なんとなく、ツアーガイドの仕事を探していた時に、こっちの仕事しないという感じでした。
ツアーガイドの仕事より、うんと自分の向きの仕事で、本当に運が良かった…

仕事内容

上記でも軽く触れたように、旅行の日程、通訳、買い出し、アポ取り、など様々で、本当になんでもって感じです。

労働時間はめちゃくちゃ長いけど、それなりに見合った金額ではあるし、なにより経験になる仕事内容。

実際に働いてみて

日本人相手の仕事ですが、現地の人との関わりが多い仕事なので、英語はふんだんに使うことが多い。

個人的な目標として、英語と日本語の切り替えがうまくできることなので、とても良い仕事だと思うし、何より通訳をしている時は本当に面白い。

いままで、いろんなアルバイトとかしてきたけど、初めて「これって、将来自分のしたいやつなんじゃない?」って思えるような仕事内容でした。
これを、機にしっかりと自分の将来を見つめて、仕事につなげたい。


日本食レストランでのアルバイト

ワーホリ前から、日本食レストランではアルバイトをするのは絶対にやめようと思っていた。
というのも、日本語ばかり話しそうだし、日本語環境に慣れきった人となぁなぁな関係は持ちたくないと思っていたから。

けど、このレストランはけっこうオシャレな感じで、スタッフは全員日本人ではあれど、みんなしっかりと英語を話せるし、何よりお客さんは全員キウィ。

手に入れるまでの過程

これまた、カフェのオーナーで。オーナーが別で経営する日本食屋ということで、こちらも人が足りないからどう?と声をかけてくれた。

これまた、本当にラッキーという感じ。笑

仕事内容

これは、本当に日本の居酒屋やレストランと同じという感じ。

オーダー、レジ、キッチンの補助、片付けというものたち。

実際に働いてみて


しかし、居酒屋みたくラフな感じではないので、言葉遣いも気をつかうし、ワインを始め、日本食に関して細かい知識とそれを英語で説明しなければいけない。

日本食に関してなんて、当たり前のことすぎて気にしたことのないようなものを覚えなきゃいけないので、意外とこれが一番大変。

けど、自分の文化である日本食をしっかりと伝えられるのは良いことだな。と思います。

なにより、カフェよかお客さん1人1人と時間が持てるので、しっかりと英語を話すこともできている。


総まとめ

読んでいただいてわかる通り、

コネって大事

最初に見つけたアルバイトからスムーズにつながっていってくれました。

何も1つ見つけたら、次々と繋がるよってわけじゃなくて、出会いは大事ということ。特に異国の地ではつながりって大事だと思う。


日本での通訳のアルバイトをしている際に出会った、ニュージーランド在住の方ともこちらでお会いさせていただき、その後、正社員として声をかけていただいたこともあった。(コーディネーターの仕事を見つけたあとの仕事だったため、お断りさせていただいたけど。)

1つ1つの出会いを大切にしていれば、何かと繋がるんじゃないかなって。



最後に、

コネありがとう。