1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

Polcaで休学希望者の背中を押したい。

どうも、マーディー(@rym_nz)です。


f:id:ryomiyunz:20170817150326p:plain


僕は大学の2年次に大学を休学をして、イギリスへの語学留学に行きました。


毎日が同じことの繰り返しだった僕の人生が、変わる大きなキッカケでした。


だから、休学を迷っている人の背中を押したい!(ドンッ)



こちらからPolcaで支援できます。

Polcaで休学希望者の背中を押したい

休学を希望する人の背中を押すためにPolcaを使います。


先日、以下の記事でも少し触れたのですが、「休学をしたい!」と思っていても、「同級生と一緒に卒業ができない。」とか「復学したら、歳下と一緒に卒業ができない…」とか考えていて、休学に踏み出せない人が多いです。



正直、これに対する直接的な解決策というのは、いまのところ僕の手元にはありません。(すみません)「そんなの気にしないで、休学すれ!」とは、言えますが。


そんな時に、Twitterで、こんなツイートを見かけました。



なるほど、お金が必要な人もいるのか。


よし、これだ!と思いました。そうですよね、お金ってめっちゃ大事ですよね。


そこで、先日からサービスの始まった、Polcaを使います。


フレンドファンディング - polca(ポルカ)
これ、すごいですね。


その名も、


Polcaを使って休学とワーホリ・留学を希望している人の背中を押す



です。そのまま…


具体的な内容


休学を希望している学生で、お金が必要、かつNZにワーホリに来る学生(他国への希望の方も募集)に、集まったお金でのサポートと、僕が準備に関わることや来てからのサポートをします。


以下詳細です。

募集要項


NZにワーホリを希望する学生で休学をする方、または他国への留学やワーホリを希望する方。


NZへのワーホリや留学を希望する学生の場合は、お金以外にも様々な面でサポートできます。しかし、他国の場合は、そのサポートに制限が出て来ると思いますができる限りのサポートをします。


募集は、とりあえず、Polcaでの支援金額の集まり具合を見て、始めていきたいと思うので、少々お待ちください。ただし、現時点から、応募を希望される方は、TwitterのDMからご連絡いただければ、この企画に関する情報を追って、僕の方からご連絡致します。

サポート額


3万円


たった3万円と思うかもしれませんが、されど3万円です。


大学にもよると思うのですが、上記の彼を例として、大学での休学費の費用になると思っての値段です。


ただし、僕の大学では休学にあたって費用がかかりませんでした。

なので、その場合は、NZでは、代わりに、ワーホリのビザの申請のために関わる病院代、入国してからの宿泊費(1〜3週間分)、飛行機代の一部などに使用できると考えています。他国の場合でも、同じような費用に当てれます。


また、集まる金額次第では、サポート額の増額(または減額しての続行。)も考えています。


お金の、受け渡し時期、受け渡し方法ですが、NZの場合は来てからの現金または、銀行アプリを通してのお渡しになるかと思います。他国の場合は、その国に到着してからの、Paypalなどの支払いを考えております。


NZにワーホリ希望の方は、以下の記事参考にしてみてください。


www.nzryomiyu.com


サポート内容


ワーホリ準備、英語の勉強方法、来てからの家探しなどのサポートなどなどを考えています。


全てのことに関して、手取り足取りサポートではなく、困った時のお助けマンとしてのサポートを考えております。もちろん、全てちんぷんかんぷんというのなら、お手伝いはしますが。

募集人数


集まる金額次第により考えて、再告知致します。


僕自身が、いまとても貧乏なので、3万円に達成しない場合は、打ち切りになる可能性もあります…(すみません)

選考方法


多くの方が募集してくださった場合に、メール、スカイプでのやり取りでの選考。


どの程度、募集して来る人がいるのか、まったく予想もできません。なので、募集人数により多少の変更がでるかと思います。

選考された場合


選考された方には、ブログで情報の発信をしてもらおうと考えています。


英語力をあげるのが目的なら、英語に関しての自分の成長や、バリスタになるなら、コーヒー・カフェに関する情報などなどをブログで発信してもらいたいです。


また、出発前、滞在期間、帰国後に僕の方からインタビューをお願いさせてもらいます。

注意事項

お金は集まるけど、1人も募集が来ない場合


仮に、お金は集まるけど、1人も募集してこないという悲しい状態に陥った場合には、集まったお金の全額を他のPolcaでの企画に入れようと思います。

ただし、この企画では僕の友人などに入れません。せっかく善意で集めたお金なので、友人内で回すということはしません。

「誰がお前の友達で、誰がお前の友達じゃねーのかわからねーよ!」という声も聞こえて来ますが、それに関しては、実際にその時が訪れた場合に、何か証明できる方法を考えます。


また、1人しか募集はこないけど、10万円集まった場合にも、上記のような対応をします。

お金の配分


お金が集まった場合、仮に5万円集まった場合は、3万円はサポート金額、1~2万円は僕の手元にいれて、サポートに関わる費用にしようと思います。

完全にボランティアで、できるほど裕福な人間ではないので、サポートに関わる調査・スカイプの時間に対する費用ということで考えていただければと思います。

1~2万円ということですが、サポートする人数によって、ここは変わって来ると思います。というのも、人数が少なくて、サポートに関わる時間がそんなに多くなければ、1万円だけ僕の手元にいれて、残りの1万は休学する学生にと考えているからです。


多少なりは、僕にプラスができるとは思っています。


なので、Polcaを通してサポートを希望してくださる方は、このことを考慮して、サポートして頂きたいと思います。

その他


選考してからの流れは、これからいろいろ変わって来るとは思いますが、全力でサポートをしたいと考えています。

僕は、現在25歳で現在大学生をしている方より、歳上だと思いますが、フレンドリーで友達に話す感覚で、対応でかまいませんし、僕もその方がやりやすいですし。ただし、あまりにも節度のない場合や、連絡などがつかないことが多いなどの事情がある場合には、支援を打ち切らせてもらいます。

その場合には、選考でもれた方や、再度の募集をかけることになると思います。

質問・疑問など


その他、疑問がある方は、お問い合わせTwitterのDMからよろしくお願い致します。


細かい点の決定など、これから変更などもあるとは思いますが、その都度更新して、Twitterやブログで更新していきたいと思います。

支援していただく方へ


上記の注意事項にも書きましたが、僕にも多少なりプラスのお金が発生するかと思います。


支援していただいた金額を完全に、学生へと回せるなら良いのですが、残念ながら現段階では、僕にはその財力、余力がありません。なので、僕へのお金のプラスをご理解いただいた上での支援をよろしくお願い致します。


支援していただいた方には、お礼として当選した学生へのインタビューした記事や、映像の配信を致します。休学をする前後の学生の気持ちの変化などが見れて面白いのは間違いないです。


誰でも気軽に支援できる値段かなと思い、ワンコインの500円を最低支援金額として設定しました。それ以上に支援してくださるという方は、お手数ですが、複数回の支援ができるようなので、よろしくお願い致します。



こちらからPolcaで支援できます。

Polcaで休学希望者の背中を押したい


休学をして見えることがある


【大学を決める】というのは人生において、とても重要な選択です。それを、18歳の高校生の時にするのは、かなり大変だと思います。(僕はめちゃくちゃ大変でした。)


ただし、日本では(実際にはNZでも。)、「高校を卒業したら、すぐに大学へ入学する。」のが普通で、周りに流され、何をしたいかもわからない状態で大学へ入学してしまう人は多いと思います。


入学してしまってから、「あ、なんか違う」と思っても、やめるのは、入学金とかもったいないです。そんな時に、休学をして、一度立ち止まることで、僕は自分のしたいことが少しわかったり、世界が広がり、現在こうしてNZで幸せに暮らしています。(まだまだ、これからですが。)


休学する人が増えて来ているものの、まだまだ一般的ではない日本で、休学したい人のあなたの背中を押すために、これを企画をしています。


休学をしたい人のために、サポートしたいという方、よろしければお願い致します。


休学をしたいけど、未だに踏み出せないという方、ご連絡お待ちしています。(企画倒れになったら、すみません。)



こちらからPolcaで支援できます。

Polcaで休学希望者の背中を押したい




こちらの記事のシェア、ぜひよろしくお願い致します!