時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

ブログでスペイン語覚えるってさ。Vol.4 スペイン語のbe動詞

スポンサーリンク

どうも、マーディーです。

久しぶりに、自分の時間ができたので、今日もespañolの勉強していきます。

 

今回は4回目だから、Leccìon 4です。
分かる部分はなんでもespañolで書いていこうかと。


それは、さておき今回は、españolでも最重要視されている、

 

SerEstar

 


SerとEstarの違い

タイトルにある通り、españolのbe動詞を勉強する。

スペイン語には、be動詞にあたるようなものが、2つある。それが、SerとEsatarだ。


まずは、この違いを知る。

 

Serの使い方

Serは、人や物の性質、国籍、職業、などの永続的なものを表すbe動詞。

 

Serの活用表      
Yo soy Nosotros somos
eres Vosotros sois
Èl/Elle es Ellos/Ellas son

 

 

Yo soy japonés.(私は日本人です。)

Vosotros sois policía.(私たちは警察官です。)

Elle es de Colombia.(彼女はコロンビア出身です。)

 

(国籍も職業も変わりうる可能性のあるものだが…)どれらも永続的なものです。


Estarの使い方


Estarは、主語の状態、様子や変化などの一時的なものを表すbe動詞。

 

Estarの活用表      
Yo estoy Nosotros estamos
estàs Vosotros estàis
Èl/Elle estàs Ellos/Ellas estàn

 


Nosotros estamos cansados.(私たちは疲れてる。)

 

¿Cómo estás?(元気?)
Estoy muy bien.(とても元気です。)

 

¿En dónde estamos?(私たちはどこにいる?)

 

どれも、一時的な状態を表してます。


これから、勉強していく上で、より細かい違いがでてくると思うけど、その都度勉強していこうと思う。

 

もっと、知っといたほうが良いと思う基本的なことってあると思うんだけど、とりあえず、基本編は終了ってことで。

 

わからないことにぶち当たるまでは、とにかく本を読んで、翻訳することにする。

 

簡単だけど、今日は終わり。

書くだけじゃなくて、しっかり勉強してるよ。