1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

英語が苦手な人が気づいていない、実はシンプルなこと。

どうも、マーディーです。


これ英語でどうやって言えばいいんだろう、でも英語だとなんて言えばいいかわからない…

ってことよくあるよね。



そんな時には、すぐに辞書を引かないで、まず試して欲しいことがあります。


それは、


言いたい日本語をとにかく簡単な日本語に置き換えて、簡単んな英語を使う。


とにかく簡単な日本語に変換する


普段、日本語で何気なく使っている言葉。


同じことを言うにしても、その状況に合わせて、本当にいろんな単語を使っている。




例えば、「〜にも関わらず」を英語で言うかわからない。


じゃあ、「〜にも関わらず」を簡単な日本語で言うと何か?


これは、「しかし」ってこと。だから英語にするなら、butでも、howeverと言えば良いってこと。




これって、すごい単純だけど、英語を上手に話せない人の多くが、この簡単な日本語に変換をできていない。



簡単な日本語に変換チャレンジ

では、ここからいくつか問題。



以下の日本語を、まずは簡単な日本語に、それから簡単な英語に直してみてください。



1. ぶしつけな質問


2. 凛々しい(りりしい)


3. 骨抜きにされる


4. 配慮する


5. 目を丸くする







↓↓↓簡単な日本語は下↓↓↓



簡単にした日本語

わかりました?じゃあ、簡単にした日本語を下に!







1. 失礼な質問。


2. 男らしい。


3. デレデレになる。= めっちゃ好き


4. 気にかける。


5. 驚く、びっくりする。





↓↓↓英語の翻訳は下↓↓↓



英語の翻訳

簡単な日本語にできた!?じゃあ、最後は英語の答え!







1. a rude question


2. manly


3. to be crazy about her, nuts about her


4. to take care about, care about


5. to be surprised, to be amazed




簡単な日本語に変換した後なら英語にできた?



気をつけて欲しいのは、上の英語に翻訳したものは、その時の話の内容によって使う英語が変わる。



けど、英語でなんて言うか分からないなら、なるべく簡単な日本語に直す!をすることによって、言えることが格段に増えることは間違いないよ。



最終的な目標としては、英語で考えて、英語を話す。


頭で日本語から、英語に変換するという無駄な作業をなくして話せるのが良い。


そして、簡単な英語を使うより、少し難しい単語を使う方が、より多くのニュアンスを伝えられる。



ただ、英語を話せないで悩んでいるのなら、まずは、わからない日本語は、なるべく簡単な日本語に変換するを心がけてみると、ずいぶん英語を話すのが楽になるよ。



ちなみに、僕は「やんや」って言葉が好きだけど、これも要は、「騒がしいとか、うるさい」って意味だから、英語ならnoisyですね。