1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

ニュージーランドのパートナービザを申請した僕が実際に提出した証拠

どうも、マーディー(@rym_nz)です。


f:id:ryomiyunz:20170726135645j:plain


前回の記事で、ニュージーランドでのパートナービザ申請書類一覧について書きました。


今回は、実際に僕が出したパートナーとの交際関係を証明するために出した証拠を公開したいと思います。

パートナーシップ(交際関係)を証明する証拠はどんなものか。


パートナーシップと言っても、結婚をしていないのに、どのようにその関係を証明していけば良いのか。僕は、このパートナーシップビザを見つけた時に、それが一番気になりました。



NZの移民局(以下:イミグレ)のサイトでは、何度も "genuine and stable relationship(正真正銘の安定した関係)"という言葉が出てきて、この関係こそ、イミグレがパートナーシップビザを申請するカップルに求める関係です。

そして、その "genuine and stable relationship(正真正銘の安定した関係)"というのは、イミグレによって以下のように定義されています。

A partnership is genuine if it has been entered into on a long term and exclusive basis.
A partnership is stable if it is likely to endure.


長期の恋人関係であることを、正真正銘の関係とする。
その関係が続きそうであることが、安定した関係とする。

New Zealand Visas | Immigration New Zealandより引用


イミグレでは、こう定義されています。こういった関係を証明するものが必要になってきます。


では、そのような関係をどのように証明すれば良いのか?


2人の正真正銘の安定した関係をどのように証明するか


イミグレには、例として以下の書類や契約書があげられています。

1. 婚姻受理証明書または、シビル・ユニオン証明書*1
2. 子供の出生届書
3. 手紙、メール、SNSなどでのメッセージ
4. 2人で一緒に映った写真
5. 他者が2人の関係を認識している証拠
6. 2人で一緒に何か計画を立てたり、している証拠
7. 一緒に子育てをしている証拠
8. 一緒に趣味の時間を共有している証拠
9. 一緒に組んだ家のローンの証明書など
10. 2人の名前が載っている手紙
11. 共同の銀行口座の証明書
12. 何かしらの資産を共有している証拠
13. 共同のクレジットカードまたは、2人での分割払い契約書
14. 2人で契約している光熱費などの支払い書類


f:id:ryomiyunz:20170726102439p:plain

New Zealand Visas | Immigration New Zealandより引用・転載



結婚していない僕と彼女には、上記の1,2,7での証明ができないため、それ以外での証拠を集めをする必要がありました。


実際に、僕が提出した証拠の詳細をカバーレター(こんなものいれましたよ、という手紙。)と一緒について書いていこうと思います。


実際のカバーレターと証拠一覧


カバーレター

日付


To whom it may concern,


I am writing this cover letter to apply for Partner of a New Zealander Work Visa.


I have enclosed these materials listed below;


1 -・Form of INZ 1198 written by あなたの名前

2 -・Form of INZ 1146 written by パートナーの名前

3 - ・Certificate of Criminal Record.

4 - ・Copies of photos of us including some of our friends.

5 - ・Boarding passes to prove that we have been on trips together.

6 - ・Gym membership cards of us.

7 - ・Copy of car insurance.

8 - ・My partners’ student allowance Studylink form showing our partnership.

9 - ・Bank statements proving we live together and that we have a shared bank account.
10 - ・Passport of あなたの名前 and the copies of my partner’s, パートナーの名前, passport

11 - ・Supporting letter from my partner, パートナーの名前

12 - ・Supporting letter and the proof that me and my partner live together from my / her parents, どちらかの両親の名前

13 - ・Supporting letter from 2人の仲を知る友人、知人の名前


Please feel free to contact me if you have any questions and anything that you want us to provide.


Thank you for considering this application. I look forward to hearing from you.


Yours Sincerely,


あなたの名前

*赤色は絶対に提出が必要なものです。


これが、実際に僕が提出した、カバーレターです。上から提出した順番に説明していこうかと思います。

*最後に、カバーレターのテンプレ貼っておくので、よく書き方がわからないという方は、自分が提出するものに置き換えてみてください。

1. イミグレ指定のINZ-1198という申請用紙(自分用)


これは、イミグレのサイトからダウンロードできる絶対に提出が必要な書類です。

ビザを申請すると決めたら、まずは、ダウンロードして記入をしてみると良いと思います。

ただし、この書類は数ヶ月おきに、更新されます。なので、提出前日には、記入した申請用紙が最新版か(こちらから、Date last updateを確認して、申請用紙の下に書かれている日付を照らし合わせて、確認できます。)、必ずチェックしましょう。


この書類には、裏にフルネームで名前が書かれた2枚の顔写真が、ホッチキスで貼ることも必要なのでお忘れなく。

2. イミグレ指定のINZ 1146という申請用紙(パートナー用)


上の1の書類と同様にイミグレのサイトからダウンロードする書類です。

こちらは、パートナーに記入してもらう書類なので、してもらいましょう。


こちらも数ヶ月おきに、最新版へと更新されますので、最新版を記入しているかどうか確認しましょう。

3. 警察証明書


これは、過去の犯罪経歴を証明するものです。こちらも上の2つと同様に必ず必要なものです。

ニュージーランドに滞在している場合でも、NZ日本領事館から、申請が可能です。しかし!最大で3ヶ月ほどかかるので、早めに取得しましょう。


4. 2人で映った写真たち


2人きりで映っている写真や、他の友達と一緒に映っている写真たちを、パワーポイントに時系列で並べてそれを印刷。写真の枚数は16枚で、そこに、2人で交わしたSNSでのメッセージの写真も載せませした。


最近は、パソコンで写真の情報なんて簡単にいじれてしまうのと、他にも僕らの関係を証明できるものがあったので、わざわざ日付はいれませんでした。ただ、SNSでのメッセージは、日付が表示されている部分をスクショして載せました。


また、いくつかの写真の下に英語で、どんな時に撮影した写真なのかをストーリー形式で書きました。

5. 一緒に旅行に行った時のチケット


付き合ってから数回、2人で旅行した時のチケットを残していたので、2人分のチケットをA4用紙に貼り付けて提出。4回分の旅行、つまり8枚のチケットを貼りました。


僕は、飛行機のチケットしか貼らなかったのですが、他にも、バス、新幹線や、宿泊先のホテルの予約した時のメールなんてのも証拠になると思います。もちろん、日本国内のものでも、はたまた他国のもので英語以外の言語で書かれていても、英語での翻訳をすれば十分な証拠になるので、過去のメールなどを漁ってみると良いかもしれません。


ちなみに、チケットに記載されている、僕と彼女の名前と日付にラインマーカーで印をつけて、見やすいようにしました。あくまでも判断するのは人間なので、なるべく見やすいように、そしてどこを見て欲しいのかを明確にすることは大事です。


6. ジムの会員証


ジムの会員証は、2人の顔写真が載ってて、同じ日に入会したので提出。これは、上の5のチケットと似ているのですが、両面に情報が記載されて紙に貼れなかったので、別で書きました。


必ずしも、旅行に行ったチケットだけが、証拠になるわけじゃありません。2人の名前と同じ日付が入っているものなら証拠になる可能性があるので、いれてみましょう。

7. 車の保険の契約書のコピー


ニュージーランドについてすぐに、車の保険に2人で加入しました。

なので、ここにも2人の名前、また住所が書かれているので、これをコピーして提出。

8. 学生支援機構による援助の契約書


僕の彼女は現在、大学に通っているので、働く暇がなく、また僕の稼ぎも十分ではないので、学生支援機構から援助を受けています。


そこには、僕と彼女の名前、さらには住所も記載されているので提出しました。ただし、この住所などについては、自分で簡単に編集できてしまうので、効力は薄いかと思います。ただし、なんでも無いに越したことはありません。


9. 銀行口座の計算書


これも、絶対に提出が必要になってくるものです。

僕らは、共同口座、僕個人の口座、彼女個人の口座の3つの計算書を、過去6ヶ月分に渡って提出しました。


共同口座だけでも良いのですが、共同口座にお金を振り込んでいる、お互いの個人口座も一緒にすると、お金の流れがわかりやすいだろうと思っての提出です。

これは、一緒に財産を共有している証拠、そして住所も書かれているので、一緒に住んでいる証拠にもなります。


10. 自分のパスポートと、パートナーのパスポートのコピー


これまた、必須のものです。

JP*2のサインを受けたパスポートのコピーの提出でも良いのですが、あまりオススメしません。というのも、INZ-1198の申請用紙に、「コピーでも良いけど、原本の方が絶対イイヨ!もしかしたら、提出してって後から頼むかもしれないから、最初から提出するのオススメするよ!」ってことが書かれています。

f:id:ryomiyunz:20170726123647p:plain


なので、最初からパスポート原本を提出しちゃいましょう。

彼女はニュージーランドの国籍を持っているので、コピーで十分かなと思い、彼女の分はJPのサインを受けたものをコピーして提出しました。

11. 彼女からの手紙


彼女から、僕らがどのようにして出会ったのか、なぜ僕がビザを取ることを支援するのか、ということについてA4用紙に2枚程度の文章を手書きのサイン付きで、書いてもらいました。


これは、特に明記されているものではありませんでしたが、自分のパートナーから一緒にいたいと書いてある手紙は、あったほうが良いと思います。これが、イミグレの職員の心を動かすかもしれませんし。笑

12. 彼女の両親からの手紙


僕の両親は英語が話せないので、彼女の両親に手紙です。そこには、僕らの関係がホンモノであることと、僕らが一緒に住んでいるということを、2人の手書きのサイン付きで書いてもらいました。


僕らは、彼女の実家の離れに住んでいるので、大家が彼女の両親ということになるので、一緒に住んでいるということも書いてもらっています。


13. 2人の関係を知る知人からの手紙


これは、彼女の元バイト先で、現在の僕のバイト先のマネージャーに書いてもらいました。

2人の友達でも良かったのですが、以前、他のバイトの子のサポートレターを書いたことがあると言っていたので、書いてもらうことにしてもらいました。


この手紙は、2人の間柄を知っている人間なら誰でも良いのですが、ニュージーランド人の人にお願いするのが良いという噂です。あくまでも噂ですが、煙の立たないところにってことで、一応ニュージーランド人の方が良いかもしれません。





ここまで書いた書類を集めることができたら、封筒にいれて書類にいれて提出するだけです。

郵送もできたのですが、僕は直接持って行きたくて、直接持って行くことにしました。僕が行った、オークランドの提出先には、透明な袋があり、その袋の中に上記にまとめた書類一式を入れての提出でした。



パートナービザ用カバーレターtemplate - Google ドキュメント
カバーレターのテンプレです。どうぞ、お使いください!


パートナービザに関する書類の書き方、証拠が十分か不十分かの確認などの相談は無料で受け付けています!

手紙などの翻訳は、国に認められた会社からの翻訳しか受け付けられていません。しかしながら、カバーレターなどの翻訳は、格安で引き受けますので、どうぞご連絡ください。

なので、気軽にお問い合わせください!

*1:法的に証明されたパートナーシップのこと

*2:Justice of Peaceという資格を有した人からのサインをもらうと、原本と同等の効力のあるコピーになるので、コピーでも良いが、原本を送った方が審査が早くなる可能性ありとNZ移民局HPに書いてあります。