1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

気になる人ができたので、会いに行くことにした。

どうもマーディー(@rym_nz)です。


こんな書き方すると、「新しく好きな人でもできたのか!?」なんて、思われてしまいそうな内容です。しかし、タイトルの通り、気になる人ができました。ヨビ君(@Yobimar_gatinho)です。


というのも、先日、スカイプで話してみました。話した時に、「あ、こいつ。面白いやつだぞ。」って、僕の中にいる小さい僕が言いました。



よとうさんどっどこむのヨビ君とスカイプ


http://yotousan.com/wp-content/uploads/2017/06/14700836_1011762675618893_2997129515758505161_o.jpg


いま、僕はベルリン在住の、翻訳者兼・ブロガーのWasabiのサロンなる、怪しい宗教団体…じゃなくて健全な、「フリーランス頑張ろうぜー、繋がろうぜーなグループ」に所属しています。


そこにいたヨビくん。いつも、なんだか目立った存在。なんか109万集めてなんかしたらしい。けど、よくわからない。



あ、これは話すしかねーな。


早速、連絡。次の日に、お話することになりました。



スカイプ当日


朝からパン屋で仕事のあった僕。終わると同時にお店から出て、家まで全力疾走!


パソコンを立ち上げて、スカイプを開いて準備万端…


お届け物でーす!


このタイミングで、パートナービザが認可された手紙とパスポートが届きました。笑


スカイプが楽しみだった気持ちが一転、


まだまともに会話もしたこともない、知らない人とスカイプなんかしている場合じゃない!!

とりあえず、彼女を抱きしめ、また1年一緒にいれることを喜んでいると、スカイプの着信音が。





ヨビ君だ。



わざわざ、こちらから時間とってもらっておいて、「ごめんなさい、今喜んでいるので後でにしてもらっても良いですか?」なんても言えずに、スカイプに出ました。



どうも〜。初めまして。ヨビです。


あ、どうも〜。マーディーでーす。(やべぇ、ビザ嬉しすぎて頭になんも入ってこないぞ。)


ぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ(申し訳ないのですが、ここ頭に入ってこなかった。)


あの〜、すみません。ちょっと先良いですか?…僕、いまビザ取れたんですよ。(ニヤニヤニヤニヤ)


えぇぇぇー!まじすか!おめでとうございます!!(こんな口調じゃなかったかも…)


ありがとうございます!!!(満面の笑み)



そう、最初は、あまりの嬉しさに会話が何も入ってきませんでした。(ヨビ君ごめんなさい。)なので、とりえずビザのことを打ち明け、祝福してもらいました。笑


正直、その後も頭に話しなんて入ってこないだろうな〜と思っていました。


ただ、すぐに「ビビビッ」と来て、話に入り込み時間があっという間に過ぎていきました。

ヨビという男。


今回、ご紹介ししているヨビという男。僕と同い年の92年産まれのアツイ男です。


彼のプロフィールを読んでもらうとわかるんですが、人生ずっと苦労してきた人です。就職活動では、日本の頭の固く、バカでアホな会社の人事との出会いをきっかけに、フリーランスでの道を選びます。


そして、現在彼は、「関西とヨーロッパの企業をつなげたる!」と思いを胸に、クラウドファンディングで集めた109万円のお金を抱えて、ヨーロッパに行き、帰ってきたところ。


彼が、109万円のお金を集めることができたのは、何も彼がもともとすごかったからでもなく、有名だったからでもありません。その、行動力があったからです。


いろいろな会社に自ら飛び込み、自分をアピールして掴み取ったお金です。しかも、「人事部の田中さんに会いに来ました!(田中さんが、その会社いるかどうかは知らない。)」なんてことまでして。笑


僕が今回、お話させてもらって「ビビっ」ときたのは、彼のその行動力に惹かれている部分があったから。


ただ、1時間だけ話しただけじゃ、本当にどんな人なのかってのはわかりません。なので、会いに行っても、1回会っての関係で終わってしまうかもしれませんし、もしかしたら、一緒に仕事をするようになるのかもしれません。


ただ、1時間の会話で「会って話してみたい。」って思わせてくれる、魅力ある、ワクワクする人でした。


インターネットで簡単に繋げれるようになった世の中。とても嬉しいことですが、やっぱり僕は実際に話してみる、会ってみることが大事だなと思っています。これからも、どんどん気になる人とは繋がって行きたいと思います。



よとうさんどっとこむ←ヨビ君の今後の活動はこちらからご覧になれますので、ご覧ください!