時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

ハリーポッターと呪いの子から学ぶ英会話

スポンサーリンク

どうも、マーディーです。

この、ブログ読んでくれている英語が話せないと悩んでいる君たち。今日も、英語話せるようになりたいって悩んでる?

とにかく、話そう。
っていつも言いますが、たまには読むのも大事だよ。

けど、読むって言っても、会話を読もう

ネタバレは一切無いので安心してください!


ハリーポッターと呪いの子で英会話

ハリーポッター

読んだことないけど、映画で見たことくらいは…って方がほとんどですか?意外とそうでもないんですかね?



1997年に第1巻のハリーポッターと賢者の石が発売されてから、最早20年も経つんですね。
そして、完結作のハリーポッターと死の秘宝が発売されてから約9年。

遂に出ました、その続編(というか、未来編?)のハリーポッターと呪いの子!!(出てから割と時間経ったけどね。)

これ、英会話勉強するのにいいよ。


話すのだけが、英会話の勉強じゃなくて、会話を読むってのも立派な英会話の勉強です。だから、会話が多めの本とか読むのも、すごい良い練習。

そして、今作、ハリーポッターと呪いの子はすごいよ。なんたって、全部が会話形式の本だから!!


とにかく、全てが会話。最初から最後まで、ずーーーーーーーっと会話。

「そんなん、小説じゃねーじゃん」

確かにね、そう言われるとね。小説ってかScript。つまり台本的なね。
けど、ハリーポッターファンなら、面白く読めるよ。

普段、英語話して、わからなくて落ち込む君


その気持ちわかるよ。

僕もいまだに、ネイティヴに囲まれたら、とにかく迷子
何言ってんだか、さっぱりだし、わからんくて、つまらないから会話に参加するの止める時あるし。

けど、会話を読む時はわからなくなっても、ゆっくり読み返せるから。


ナレーション部分の英語って難しい単語使ってたり、文が倒置したりとかで、難しいことありますよね。
けど、会話ってそんなに難しい単語使われないし、むしろ簡単で単語、単語はわかるのに、意味わからん!っていう重要な表現を学べます。

とにかく話したい!!って人は、会話部分をガンガン読んでみたら?小さくても声に出して読むってのが大事だから、声に出して読んでみて!


こんなのもあるみたいです。

ここに注目して読め

人それぞれ、どんな風に会話が苦手は違うと思います。

例えば、いつも同じような相槌しかうてない人は、登場人物の様々な相槌に注目してみたり、


あまりにも、しっかりした文法で話してしまう人は、「こんな風に崩して話していいんだ」って感じで、とにかくいろんな話し言葉に注目したりしてみましょう。




ハリーポッターなんか読んだことない…


ハリーポッターシリーズ読んだことない人が、いきなり続編読んでもしょうがない。

なので、こちらも紹介します。


Where Rainbows Endという小説です。

Love, Rosieという題名で映画化されました。邦題は「あと1センチの恋」です


この本は、残念ながら、会話形式ではないのですが、物語全てが、手紙、メールだけで進んで行くのです。

話す会話とは違いますが、手紙やメールも、立派な会話の1つです。一風変わった、この小説も読むと、英語での手紙やメールでのやり取りがわかってくるので、ハリーポッターに興味がない人はこちらを読んでみてください。