1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

悲しすぎる曲を聴いて、元気を出す。【Lana Del Rey】 vol.6

どうも、マーディーです。


いままで、「音楽通(自称)が嫌いな俺がオススメする音楽」シリーズをしてきたけど、とてもSEO的に弱い気がするので辞める。(そもそも俺の音楽紹介はあんまし読まれないんだけど。)


日を追って、過去シリーズのタイトルも直していこうと思う。


それは、さておき。今回のこのブログでは、


・Lana Del Reyという悲しい歌を歌う女性歌手

・人間の脳はとても不思議で、悲しい時に、悲しい曲を聴くと元気が出る。


について、知ってもらおう。

Lana Del Reyという悲しさの塊


Lana Del Rey

結構有名だから知ってる人も多いかな?

俺の知る限り、悲しい曲しか歌わない女。

聴いてるだけで、なんだか、暗い気持ちに…ってことはない。むしろ元気が出る。

人間は悲しい時に悲しい曲を聴いて元気が出る


実に不思議に聞こえる、この現象。なぜ、このような現象になるのか。Lana Del Reyを紹介する前に、軽く説明する。


なんでも、人は落ち込んでいる時は、「なんで私だけ、こんなに辛いんだろう…」って思ってしまう傾向があるみたいです。

そんな時に、「そんなこと忘れて元気だそうぜ!!」ってなっても人は簡単には元気が出せないそうです。

確かに、「そんなこと忘れて元気だそぜ!」と言われたら、

「いや、そんなことじゃないから、こんなに落ち込んでんだけど」って思う。笑

無理に気持ちをあげるのではなく、むしろ、悲しい曲を聴いて、自分の気持ちを代弁してくれるような悲しい音楽を聴くことが、元気になるための第一歩です。


Lana Del Rey


ニューヨーク出身の女性歌手。

f:id:ryomiyunz:20170519080140j:plain




彼女は自分でも、悲しい曲ばっかし歌っているという自負はあるみたいで、

自ら「ギャングスタ界ナンシー・シナトラ」と名乗る彼女は、自身のジャンルを“ハリウッド・ポップ/サッドコア”と定義。つまりポップ・ミュージックの複数のカテゴリー同士を繋ぐ、ドラマティックな新しい結び目であるとしている。

Universal Music Japanから引用

とか、言っちゃっている。

Sadcoreというジャンル。Sadって言ってるくらいだから悲しいに違いない。

ただ、引用してきたは、いいけど、なんでつまりなのかは全然わからなければ、ナンシー・シナトラが誰かも全くわからない。笑



オススメの曲



個人的に、一番好きで、歌詞も悲しい曲。

サビの部分のリズムがなんだかキャッチーで耳に残る感じ。


そして、歌詞の意味など分からずとも、聴いただけで、悲しくなってしまうこの曲…


最も悲しい曲


正直、どの曲もかなりどんぐりの背比べって感じだけど、


この、Dark Paradise。もう、名前の感じで、悲しいよね。Paradiseなのに、Darkなんだよっていう。

死んだ?彼氏についての歌なんだけど、But I wish I was dead.(死ねたらいいのに。)なんて、歌詞も出てくるから、こりゃ相当まいってんな。



みなさんも、悲しいLanaの曲を聴いて、元気になりましょう!!