1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

海外にかぶれる事もできない人は英語が上達できない。

どうも、マーディーです。


海外かぶれの奴ってなんだかうざい。


けど、俺の経験上、海外にかぶれることすらできない奴は、英語が下手くそだ。



俺は、とても海外にかぶれていた時期があった。しかし、だからこそ英語が上達したと考えている。


今回の記事は、

・海外かぶれるのって英語上達への第一歩じゃないかな

という話し。

海外かぶれはイタいけど、イタくない


もちろん、海外に出たことがない人から見れば、海外にかぶれてる奴はイタいかもしれない。

というか、海外に住んでる俺から見ても、海外かぶれはイタく見えるやつもいる。


ただ、そんな海外かぶれは英語上達への第一歩だよ。



今日、リライトしたこの記事。

www.nzryomiyu.com


その国の人間になるくらいの姿勢で頑張った方が、英語の伸びが良い。


海外かぶれの特徴


【海外かぶれ】といってもいろいろ。

日本語でなんて言うっけ?タイプ
◯◯ではさ。って言うタイプ
日本を全否定するタイプ
SNSが英語に一色タイプ
日本の男/女はダメだわ。タイプ

こんな感じで、いろいろ。

ただ、日本の男/女はだめだわ。なんて言うような海外かぶれは、俺はとことん嫌いだ。

www.nzryomiyu.com



だけど、他のかぶれは英語の上達につながる。英語が上手い奴が通る道だ。





英語に、海外にどっぷり浸かれば何かと変わるでしょ


そりゃ、母国から離れて生活したら何か変わるよ。


日本人じゃない人と触れ合い、違う言葉で話し、違う文化で生活して。そりゃ、そんだけ違うもんに囲まれたらいろいろと変わるんだよ。



英語で話して、英語でなんでも考える生活が続けば、いくら母国語の日本語でも忘れることは絶対にある。そして、英語にびっしり浸かった生活をすれば、英語でしか意味を知らない単語なんてものも増えてくる。

こんなの、かぶれているどころか、英語をしっかり話せるようになる人の1つの特徴だ。



海外ではこうでさー、なんて言うタイプも、日常生活から、日本との違いを見出しているんだから良い。そんな文化的違いを発見したりすることも、英語での会話の材料となって、英語の上達にしっかりと繋がる。





SNSが英語で一色になるタイプだって、そんだけ海外の友達が増えた証拠だ。
そんだけ、英語でのコミュニケーションが上手にいっていたんだから、いいよ、いいよ。




海外にかぶれる。


確かに、イラっとする。ただ、それだけ海外にどっぷり浸かって、英語を覚えるのに必死な奴は、本当に英語がうまくなる。


海外にいて、海外かぶれにもなりきれず、うだうだ日本人ばっかりとつるんで、英語上達しないなら、海外にどっぷりつかって、かぶれてみれば?



働いているカフェの日本人ワーホリの子達が英語をまともに話せていないのを見て、感じたことを書いた記事でした。