1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

【期間限定】Kabanyaのコーヒーサックバッグが日本で販売決定!

どうも、マーディー(@rym_nz)です。


先日のこのツイートで宣言した通り、彼女のお母さんと、その友達がしているカバン屋さん、その名も【Kabanya】のご紹介をします。




カバン屋のKabanya

f:id:ryomiyunz:20170904145249p:plain



2013年から、僕の彼女のお母さんと、友達で運営されているKabanya。




なんでKabanyaなんですか?


それはね…カバン屋だからだよ。



カバン屋の名前が、Kabanya…かばんや。

はい、いま読んでいるあなた。絶対に忘れませんね。笑


捨てられるコーヒーサックを再利用


Kabanyaのカバンの多くは、捨てられてしまうコーヒーサックを再利用して、作られています。


ニュージーランドは、コーヒー大国。街のいたるところに、カフェが大量にあります。


大量にカフェがあり、大量のコーヒーが消費されるということは、それだけ大量のコーヒーサックがニュージーランドにはあるんです。


環境保護に、真剣なニュージーランドでは、それらのコーヒーサックをただ捨てるのではなく、何かに使えるのではないか?という動きが珍しくはありません。


Empty Coffee Sacksというサイトでは、コーヒーサックを再利用したい人のために、売りに出されています。



どんなカバンがあるの?


いまだけ、特別、500円オフとなります。


f:id:ryomiyunz:20170903192619p:plain
最もスタンダートな形のこちらのタイプ。

6400円 → 5900円


f:id:ryomiyunz:20170903192653p:plain
上記のものよりは、少し小さめのお出かけにぴったりなサイズ

5400円 → 4900円


f:id:ryomiyunz:20170904134207p:plain
肩がけタイプのこちらは男性にもぴったり。

6300円 → 5700円


f:id:ryomiyunz:20170903192803p:plain
小さめのハンドバッグ。

4100円 → 3600円



これら4つが基本的な形になっています。

注意事項

全て手作りのため数に限りがございます。


捨てられるはずの、コーヒーサックを再利用し、それをお二人が全て手作業で作り上げている物です。


なので、数に限りがありますので、お早めのご連絡をお待ちしています。


値段に送料は含まれていません。


2017年の9月いっぱいでの限定発売です。


10月に僕が日本に持って行き、日本国内から配送致しますので、送料は1000円前後になります。(お住みの場所によって異なります。)


カスタマイズ対応


なんらかの、希望・要望(ポケット増やして、持ち手は短めに!など)があれば、可能な限り対応してくれます。


しかしながら、全て2人の手作りによるものなので、対応できない場合はご了承くださいとのことです。


カスタマイズの値段は、その内容によって異なりますので、ご相談ください。


購入を希望の方へ


購入希望の方は、直接僕にご連絡ください!


お問い合わせはこちらより。または、@rym_nz←Twitterより!




お金の支払い方法に関しては、近日中に公開、また現時点でご連絡いただいた方には、僕の方から直接ご連絡させていただきます。



みなさん、NZでご連絡お待ちしております!

Kabanyaスタッフより