1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

NZ出身のインディー・ポップシンガーのFazerdazeを聴いてリラックス。

どうも、マーディー(@rym_nz)です。


ニュージーランドのアーティストって言ったら誰知ってます?

誰も知らない?じゃあ、とりあえず、 Fazerdazeだけ知っておきましょう。まじで、あなたの心を掴む90年代系ギター・ポップ女子。


http://welovethat.de/wp-content/uploads/2017/03/fazer.jpg
Redirect Noticeより転載

Fazerdaze


Fazerdaze(フェザーデイズ)改め、本名はAmelia Murray(アメリア・マレー)。

ニュージーランドの首都は、ウェリントンで産まれ育った現在24歳の彼女。

https://thespinoff.scdn5.secure.raxcdn.com/wp-content/uploads/2017/04/first-gig-700x700.jpg
Who is Fazerdaze? A year with NZ’s next indie darling | The Spinoffより転載



最近は、初のアルバム『Morningside』を発表。Bandcampでは全曲の視聴が可能になっています。アメリカのロック界の重鎮である、イギー・ポップも自身のラジオ番組で彼女の曲を紹介すると、折り紙つきの彼女。

Lucky Girl

Youtubeの関連動画でランダムに流れてきて、彼女の存在を知りました。(別に探し当てたわけじゃない。)その曲が、Lucky girlという曲で、こちらのミュージックビデオは彼女自信が編集を手がけたもの。


90年代を感じさせる映像で、様々なシーンに素早く移り変わるミュージックビデオで、見入ってしまうこと間違いなしで気がついたら終わっています。笑


見入ってしまう、聞き入ってしまうOld Schoolな映像と曲調です。


f:id:ryomiyunz:20170925074013p:plain
私たちの間の壁がどんどん近づいているのかな

f:id:ryomiyunz:20170925074342p:plain
時々あなたのこと気にしないふりしているの

f:id:ryomiyunz:20170925074442p:plain
私は幸運な女の子だって知ってる

f:id:ryomiyunz:20170925074527p:plain
とても幸運な女の子だって。

f:id:ryomiyunz:20170925074553p:plain
あなたが去ってしまうんじゃないかって思いが日に日に増していくの



Lucky Girlというタイトルの割には、歌詞を聞いてみると意外とネガティヴなんですよ。




彼女、自分でも公言するくらい、彼女の家族の関係ってのがバラバラだそうです。


“I am the only one that talks to everyone in my family. Like my brother and my dad don’t talk, and my mum and my dad don’t talk, and my sister doesn’t like my brother. Oh my God,” (私だけ。家族みんなと話すのは。お兄ちゃんはパパと話さないでしょ。ママとパパは話さない。そして、お姉ちゃんはお兄ちゃんのこと嫌いなの。ほんとに、もう。)

Who is Fazerdaze? A year with NZ’s next indie darling | The Spinoffより引用・翻訳


なので、このネガティヴは、こういうところからきているんですかね?歌詞を見てみると、ラブソングという感じもしますし、笑いながらこの話をしていたとのことなので、関係ないかもしれませんが。



10月に来日します。


彼女、実は来日します。

10月11日と12日にある“Tugboat Records presents Fazerdaze Live in JAPAN 2017”での 公演が決まっています。(残念ながら、チケットは両日売り切れですが。行きたかった…)

f:id:ryomiyunz:20170919123910j:plain
ニュージーランドのギターポップ女子Fazerdaze 待望の来日公演がついに実現 10月に渋谷で2日間開催 | simonsaxon.comより転載


Bandcampで全曲視聴可能

冒頭でも、少し触れたんですが、Bandcampでは全曲の視聴です。


どの曲も、とてもゆったりしたリラックスできる曲ばかりです。ガンガンしていない、静かな曲が好きな人にはぴったり。


Take it slowという曲も、オススメです。オークランドに住んでいる人は、ミュージックビデオを観て「あ、この場所知ってる!」ってなると思います。笑






イギリスからアメリカまでいろんなところを、まわっている彼女。インスタグラムも要チェック!