1QQ2

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

日本語流暢なアメリカ人の友達が、日本政府の面接を合格後に蹴った話し

スポンサーリンク

どうも、マーディーです。


今日は、アメリカ人の友人が日本の政府のある局の面接を受けて、合格したけど自ら辞退した話しを。


なぜ、日本はいつまでも能力にお金を払おうしようとしないのか?

いつまで、年功序列にこだわって、国内の優秀な人材を手放し、国外の優秀な人材を拒むのか?


アメリカ人のマイケル(仮名)が、日本政府関連の仕事の面接を受けました。


Facebookで、日本政府のとある求人に関する記事が流れていた。

興味深い内容だったんだけど、ニュージーランド来たばかりのはできないなと思って、その記事をシェアすると、

直ぐに、マイケルからコメントとメッセージが、

「あれ、めっちゃ面白そうな仕事じゃん!受けてみるわ!!」


仕事内容は、詳細には書きませんが、「日本政府関連の仕事」です。日本政府関連の仕事には、日本語が達者であれば、国籍を問わない仕事が、いくつかあるようです。


マイケル(仮名)のスペック


・アメリカ生まれアメリカ育ち、悪いやつは大体トモダチなアメリカ人
・日本語能力検定試験1級を持ち、日本語が流暢(読み書き・敬語OK。完全完璧ではありませんが
・日本人より日本人みたいな感じで、日本文化を深く理解
・アメリカの大学を卒業後に、日本の楽◯の本社に2年務める
・その後、某コンサル会社へ
・現在25歳という若さ
・筋骨隆々の超マッチョ


というようなスペック。


英語を話せる日本人ってのは、いっぱいいる。日本語を話せる外国人ってのも、ちょいちょい。

けど、日本語がかなりのレベルで流暢な英語ネイティヴってのは、中々いない。しかも、25歳って若さなら尚更。

面接はあっさり合格。


英語はネイティヴだから、もちろんのこと、ビジネス場面での日本語も日本人と変わらずに話せて、社会経験もあり。もちろん合格した。

ただ、マイケル(仮名)は、合格を蹴った。



仕事内容も楽しそうだとワクワクしていたのに、なぜだろうか?


提示された給料と、年功序列の制度


仕事内容には、とても満足をしていて、自分の大好きな日本を海外にアピールする仕事ができると興奮していた。

にも関わらず、辞退したらしい。


それもそのはず。


東京勤務で手取り月の手取りが約23万円

給料のUPは年功序列によるシステム


この2つが、優秀な人材、マイケルに辞退を選択させた条件だった。




f:id:ryomiyunz:20170629071303p:plain

メール内では、辞退とすべきところを辞任と間違ってます。多少の間違いはしますが、日本語は流暢です。
「流暢なら辞任なんて、書かない」と指摘がありました。完璧な日本語を話すわけじゃありませんが、第二言語としての日本語をかなり高レベルで話すということを、流暢と説明させていただきました。

年功序列のメリットとデメリット


日本で、年功序列、さらに言えば終身雇用が定着した理由はなんなのか。簡単に言えば高度経済成長に伴い、従業員の確保のために作られ、その名残がいまも残ってるそうです。


このマイケルの嫌がった年功序列のデメリットとはなんなのか?そしてメリットは無いのか?調べてみた。

年功序列のメリット

メリット

社員の会社への帰属意識を高められる
 →会社を支える1人なんだという意識をもてる。
社員間の連帯感が強固になる
 →同じメンバーで長いこと一緒に仕事をするので、連帯感がうまれる
社内教育システムが成り立ち易い
 →教育をしていく中でそのシステムを改善しやすくなる。また、年功序列なので上司も新人に追い抜かされる心配なく、躊躇して指導を行うことができる。
人事評価が比較的楽に行える
 →人事評価基準と賃金体系が非常に明確になってくる。


メリットとして書いたものの、あんましメリットとして感じられないのは俺だけなのか。

会社への帰属意識が生まれるってのは大切かもしれないけど、「俺も会社の一員!俺の力で少しでも会社がよくなった!」なんて気落ちより、お金として反映される方が俺なら嬉しく感じる。
社員間の連帯感ってのは大切だけど、いつまでも同じ環境は慣れを生んで向上にも繋がらない気がするし。

とにかく、メリットがあまりメリットではない気がする。



デメリット

人件費の高騰
 →賃金の上昇を約束している以上あげなきゃいけない
目的意識の欠落によるぶらさがり社員の増加
 →どうせ、待てば昇給するし、言われたことだけやろうって人が増える
実力がある若年者の労働意欲が低下
 →あ、どんだけ頑張っても、その評価が賃金や出世に反映しないのか…となる。
事なかれ主義風土の発生と定着
 →大きなミスをしなければ出世できるし、となり、チャレンジ精神がなくなる。

年功序列の意味とは?メリット・デメリットを含め徹底解説 | BizHint HR(人事の悩みにヒントを届けるニュースサイト)より参考



仮に、上記のメリットが本当にメリットとして見出せたとしても、ここに書かれているデメリットと比較するとデメリットによる負荷の方が圧倒的に多い気がする。

日本は優秀な人材を日本から消したいのか?


今回のマイケルに関わらず、こんなことは日本の各地で起きていると思う。


ニュージーランドに来てからも、日本で働いたことのある人間に会ってきたけど、皆んなが口を揃えて、

「日本は本当に面白い!けど働く場所じゃないよね〜」


安定を求めたい人がいる中で、日本の年功序列を完全に否定するわけじゃないけど、年功序列だけじゃ、これからの少子化から生まれるだろう外国人の雇用問題をどうしようもできないんじゃない?

いつまでも年功序列にこだわり続けんの?終身雇用と年功序列制度で、会社をアピールする時代は終わったんじゃない?




マイケル、ごめんなー。せっかく、日本を日本のために海外にアピールしてくれるはずだったのに。