1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

ニュージーランドで働くために知っとくと良い、コーヒーの色々。

どうもマーディー(@rym_nz)です。


日本では、お茶ばっかり飲んで、
イギリスでは、紅茶ばっかり飲んで、
ニュージーランドとオーストラリアでは、コーヒーばっかり飲んでいます。


Long Blackって何?Flat WhiteとLatteの違いは?なんてのを紹介していきます!

知っていると、飲む側でも、これからカフェで働きたいとしても役に立つ知識なことは、間違いなしです。


Coffeeの基本

Espressp/Short Black


コーヒーの基本のEspresso/Short Black。日本語でもエスプレッソは言いますよね。


f:id:ryomiyunz:20170517091019j:plain



コーヒーマシーンから抽出され、出てきた部分をEspresso/Short Blackと呼びます。
とても強い風味で、コーヒー豆本来の味が楽しめるのです。


この、Espressoの味次第で、これから紹介していくコーヒー全ての味が決まります。

料理人にとっては卵焼き野球している人には、キャッチボールのようなもんです
これを、疎かにしては、美味しいコーヒーは作れません。


なので、美味しいEspresso/Short Blackが作れる、バリスタがいるカフェのコーヒーは美味しいです。塩ラーメンが美味しい、ラーメン屋のラーメンが美味しいのと同じです。


ニュージーランドとオーストラリアでは、Short Blackって呼ばれたりもします。


Espresso with Milk


ここからは、Espressoと牛乳が混ざったものを紹介していきます。

ここで、覚えて欲しいことは、ただ牛乳をEspressoに混ぜるわけじゃないということです。

スチームして温めた牛乳をコーヒーの中に注ぎます。

f:id:ryomiyunz:20170517064717j:plain
湾曲した棒の先から、蒸気が出て温める。


今回は、コーヒーの作り方って話しでは、ないのでスチームの仕方は割愛しますが、この過程で牛乳を温める + フォーム(泡)を作ります。

コーヒーの上に描かれる花とかのラテアートは、Espressoとフォームミルクをうまく利用して、作られていくわけです。
f:id:ryomiyunz:20170517081426j:plain

Cappuccino


f:id:ryomiyunz:20170517082001j:plain:w200


Espressoに空気がたっぷりと含まれた、スチームドミルクとフォームを注いだコーヒーです。


コーヒー:スチームドミルク:フォームの割合が1:1:1なのが理想とされています。

また、上にはチョコレートパウダーやシナモンをふりかけるのが主流です。

Latte


f:id:ryomiyunz:20170517082319j:plain


構成はCappuccinoと、似ているが、フォームの量が少なく、スチームドミルクの量が多いです。

次に紹介する、Flat Whiteよりも、スチームドミルクの量が多いので、一番牛乳っぽさがあるコーヒーです。

Flat White

f:id:ryomiyunz:20170517082740j:plain:w250


ニュージーランドで最も人気があるのが、Flat Whiteです。

LatteとCappuccinoに似ているのだが、フォームの量が最も少ない




下手くそなバリスタが作ったFlat Whiteだと、こんなんLatteじゃん!ってのが出てくる。

そんなFlat Whiteは、Flatte、Flat WhiteとLatteの間みたいな感じでバカにされる。笑

Flat Whiteはフォームが少ないので、カップを運ぶ時に、とてもこぼれやすい。だから、こぼれた状態で手元に来たら、「あ、これちゃんとしたFlat Whiteだな。」って判断していいかもよ。




お店によって、カップの大きさに違いはあるが、Flat White < Latte < Cappuccinoとフォームの量が多くなっていきます。


Piccolo


f:id:ryomiyunz:20170517082913j:plain


イタリア語で「小さい」という意味のPiccolo。

言葉の意味通り、とても小さいカップに、1shotのEspressoに、スチームミルクと少しのフォームを注がれています。

簡単に言ってしまえば、小さいFlat Whiteみたいなものなんですが、Espressoの割合が強いので、Espressoの味がより楽しめます。


小さい分、注ぐ量も少ないから、Piccoloで綺麗な花などのアートが作れる人は本当に上手いです。

Macchiato


f:id:ryomiyunz:20170517083112j:plain

Espressoに、ほんの少しのフォームミルクだけを乗せたコーヒーです。

スチームミルクも無ければ、フォームミルクの量も少ないので、Piccolo以上に、Espressoの味がしっかりと味わえます。


Mocha/Mochaccino


f:id:ryomiyunz:20170517083549j:plain


Espressoにチョコレートとスチームドミルクを注ぎ、チョコレートパウダーをたっぷりかけたコーヒーです。

Espresso : チョコレート : スチームドミルクの割合が2:1:1という感じです。

要は、ホットチョコレートにEspressoが注がれているんです。なので、苦過ぎても嫌だし、甘すぎても嫌だという人にオススメのコーヒー



Single shot? それともDouble shot?


人それぞれ好みは、千差万別です。Espressoをどれくらい欲しいかは人によって違います。

1回で抽出される、Espresso/Short Blackをshotと数えるんだけど、このshot数は、オーダーでカスタムできるので、自分がどれくらいの量のEspressoが、好みかを見つけるといいです


僕は、Piccoloが好きです。


いろんなミルクの種類


ベジタリアンやビーガンの多い、ニュージーランドにオーストラリア。無論、彼らは牛乳を飲みません。

ということで、どのカフェにも多くの種類のミルクも用意されています。

Trim Milk(トリムミルク)

無脂肪の牛乳

Soya Milk(ソイミルク)

豆からできた牛乳で、お腹への負担が少ない。

Almond Milk(アーモンドミルク)/Coconut Milk(ココナッツミルク)

その名の通り、アーモンド、ココナッツから作られたミルクで独特の甘さがある。

このように、ミルクの種類もいろいろなので、自分にあったミルクを探すのもいいよ!

Coffee with hot water


日本でいう、コーヒーはこれですね。お湯と混ざったEspresso。
ここでも、基本はEspressoになります。

Americano


f:id:ryomiyunz:20170517093544j:plain


日本で一般的にコーヒーと呼ばれているものですね。

単純にEspressoにお湯を足したものです。

好みによって、ミルクやクリームを注いで飲む人がいます。

Long Black


f:id:ryomiyunz:20170517093608j:plain:w250


Americanoに比べて、お湯の量が少なく、Espressoの味がより楽しめます。


Americano同様にミルクやクリームを注いで飲む人がいます。




以上、いろいろなコーヒーを紹介してきました。


カフェでバリスタになりたい人は、絶対に覚えなければいけないことだし、バリスタではなくとも、カフェやレストランのホールで働くとしても、知っていると運ぶ時にそれが何かわかって便利。


今回いろいろ紹介したけど、カフェによって、ミディアムのサイズが違ったり、バリスタによって同じコーヒー豆でも味が違ったりするから、いろんなカフェを巡ってお気に入りを見つけるのが良いと思います。