時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

イケハヤは前田敦子で、有名ブロガーはAKB48みたいな感じだよな。

スポンサーリンク

どうも、マーディーです。

イケハヤさんと前田敦子を合成するとこうなるよ。

なんかね、タイトルの通り。

俺って普通の人なんだよね。めっちゃ普通の人。本当にそこらへんにいる人と変わらん。だからこそ、俺みたいなブログでも読んでくれる人たちがいる。その読んでくれる人の99%が普通の人だから。

普通だからこそ、読んでいて「あーこういうことあるわ」とか、「こういう事思ってたー」みたいな感じになるわけだ。

って感じのことがイケハヤさんの本に書いてた。


ブロガーに湧く親近感


ブロガーの人って「あ、なんかこいつになら近づけるかも。」って感じの親近感が湧くから、いいんだよね。だから、俺もこうしてブログ始めてるわけなんだけど。

AKB48は、「会いに行ける」とか「会いに行く」がコンセプトのアイドルで、テレビとかコンサートだけで観れるアイドルじゃなくて、親近感の湧く、実際に会えるアイドル。

ブロガーも、なんか頑張れば会いにいけそうだし、オフ会の感じも許そうだし(参考記事:
日本1ハードルの低いピクニックオフ会してきたぞ!! - ゆとりブログといっしー。)。どこから、有名っていうかは別だけどさ、俺が知ってるやつは、有名ってことでいいや。


イケハヤは前田敦子だ

ブログ始めて約半年。最初に行き着いた大物的存在は、まだ東京で消耗してるの?のイケハヤさん(@IHayato)。


このブログ見つけた時は、「まだ東京で消耗してるの?」っていう記事のタイトルなのかと思った。すごい毒のある感じで、けど確信つくような、共感できることもたまに書いてらっしゃるこの人。なんか、最近はVALUがどうのこうの書いてる人。

そう、この人はAKB48でいったら前田敦子。

イケハヤさんは、プロブロガーで、若干遠い存在というか(俺が弱小ブロガーだから余計遠く感じる。)、なんか「会いに行ける」のコンセプトは感じない。その点で、AKBを辞めて女優になった前田敦子と似てる。

イケハヤさんは、たまに炎上を起こすし(正直、炎上してた頃のイケハヤさんは知らんけどさ)、前田敦子も泥酔して炎上まがいのこと起こしたりと共通点がある。

イケハヤさんがブログ始めた時も、前田敦子がAKB48当初の時は近くに感じたんだろうけど、月収400万としてるイケハヤも、女優になった前田敦子もAKB48時代のように近くは感じない(俺AKB48好きじゃないから、近いと感じたことはないけど)。




最近のAKB48は近く感じない。有名ブロガーもそんな感じがせん。


なんか、AKBって出始めの時は、本当に近くにいそうな感じだったじゃん。けど、女優業とかにどんどん手を出し始めて、どのテレビ局にも出て。終いには、姉妹グループもどんどん出てきて(終いと姉妹がかかってるよ!)


有名ブロガーって言われる人たちも最初は、親近感みたいなのを感じて面白い。けど、有名になりすぎると、意味わからん名言っぽいことtwitterで呟いたりし始めて距離を感じる。ってか奇妙さも感じる。っていうかイタイ。

ま、これは俺が有名人でもなく、有名ブロガーでもないので、こうなるんだけど

俺は地下アイドルの末端


AKBの流行りと共に、地下アイドルのような、アイドルの卵達が有名になったよね。アイドルを目指したい子が簡単にアイドルになれる時代。

俺もヒトデさんのブログ見つけて、こんな面白いブログしてみてーみたいな感じで始めたから、アイドルの卵的なノリかな。ブロガーにはなったけど、お金にもなってなければ、特に読まれてるブログではない、そんな俺は、地下の隅っこで頑張ってる系のアイドルの卵。




っていう、突拍子もないことをいろいろ思いついた。


そもそも、有名ブロガーさん達は、「会いに行ける」なんてコンセプト無いんだけどさ。


いかに普通の内容で、面白くブログを書けるかをこれから頑張っていこうと思う。つまり、このままブログ界の地下アイドルでありたい。

ただ、急にこんなことを思ったってことを書いたブログ。ブログってこんな感じで思いついたこと書く場所だろ。じゃ。