1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

【NZワーホリ】カフェでバリスタになりたい人へ

どうもマーディー(@rym_nz)です。


今回の記事は、

・バリスタに憧れる人
・バリスタ学校に通うお金が無くてバリスタの夢を諦めた人
・学校(どんな事についても)に通うことが、学ぶ道だと思っている人

に読んで欲しい。

ニュージーランドは、オシャレなカフェが多いです。

なので、多くのワーホリが、カフェでの仕事に憧れているらしいです(コーヒーが有名なの知らんかった)。そして、バリスタ(コーヒー作る人)に憧れます。


ワーホリしてる日本人で、バリスタ学校に通ったことのある人に頻繁に出会います。しかし、バリスタ学校に行った人がカフェでバリスタとして働いている人には出会ったことがありません。


意味なくね?


お金もかかるし、学校に通う時間は働ける時間も少ないです。
そして、卒業後にバリスタになれないのなら、なんのための学校なのか…タイで象乗りの国家資格取るくらい意味がない。




バリスタ学校に行ってもバリスタになれない理由

何よりも経験が求められる。


いままで出会った日本人ワーホリ生の多くが、バリスタ学校に通っているのですが、バリスタの日本人が、ほとんどいません。


それは何故か。経験が無いからです。


学校にいる時には、しっかりとコーヒーを作れたとします。

しかし、実際に働いて、多くの注文を受けた時に、学校で作ったようなクオリティ、且つ素早くコーヒーが作れるかどうかが問題でしょう。

カフェは、バリスタ学校を卒業した人では無く、働いた初日からの即戦力が欲しいんです。


経験が無ければ作るしかない


経験が無く雇ってもらえないのであれば、バリスタ学校に通っても、なんの意味も無いです。


それでも、カフェでバリスタをしたいのなら、経験を無理矢理でも作るしかない。


カフェでFOH(フロントスタッフ)として働く


カフェで働くためには、バリスタでなくても働けます。まずは、FOH*として働ける場所を探せば良いんです。(*フロントスタッフを指す)


FOHとして働くことができれば、カフェでの働き方の雰囲気が分かるだけでなく、英語の勉強、実際に働くバリスタの動きを見て勉強をすることもできます。


そして、FOHとして仕事に慣れてきたら、バリスタにコーヒーの作り方をそのカフェで教えてもらえばいい。(僕はFOHとして働き始めたカフェで、暇な時間帯バリスタからコーヒーをタダで教えてもらっていました。)


また、多くのコーヒー豆の会社は、提携しているカフェに無料のコーヒー教室を提供することが多いです。つまり、まずは、バリスタに教えてもらって、無料のコーヒー教室に行かせてくれるように頼むことがバリスタへの道の1つです。

そこから、バリスタへの昇格も夢じゃありません。

コーヒーを提供しているレストランやベーカリーなどで働く


カフェでのバリスタとして憧れているのに、レストランやベーカリーで働くのは、気に食わないかもしれません。

しかし、経験を作るには良い場所。


こういった場所で、働く中で、暇な時間帯に教えてもらうのも一つの方法です。実際に、ベーカリーで働く僕は、コーヒー作りを教えてもらい、さらには無料のコーヒー教室に行かせてもらいました。(いまは、パン屋のヘッドバリスタです。)



バリスタへの道は1本だけじゃない


バリスタ学校に通って真剣に習うのも、もちろん1つの方法だと思います。

しかし、バリスタ学校へ通うのは、時間とコスト面でかなりの大打撃なのは間違いありません。学校に通うだけが、【コーヒーの作り方】を学べる場所では無いはず。



コーヒーの知識が無い人はこの記事も読んでみてください。

www.nzryomiyu.com



語学学校についても同じことが言えるので、語学学校に通うか悩んでいる人は、この記事を読んでみてください。

www.nzryomiyu.com