時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

ボブは君の叔父さんだ。

スポンサーリンク

どうも、マーディーです。


最初にこの物語を読んでみてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あれは、13歳の夏の出来事。
学校から帰宅して、家のドアを開けると、そこには、知らない人の靴が置いてあった。

俺の靴に比べて倍以上の大きさの靴だ。

その時、俺は、ふと気づくのだ。リビングの方から見知らぬ人の声が聞こえることに。随分野太い声だ。

リビングのドアをゆっくり開けると、見知らぬ人物の大きな背中だけが見える。その向こう側には、俺の親父が大声で笑いながら、その大男と話している。

親父が俺に気づき、その大男を差しながら、こう言った

「この人はボブ。お前のおじさんだ。」

僕は言う、

「いいえ、違います。」


ボブって誰よ!

Bob's your uncle

これ、実は英語の慣用句の1つ。

Bob's your uncle

「ボブは君の叔父さんだ。」

こんな、突拍子も無い慣用句を考えたのは、やはりイギリス人だ。アホに決まってる。

例文

ともかく例文を紹介しよう。


A "How can I get to Tokyo station?" (どうやって東京駅に行けます?)

B "You just need to go straight, turn right at the next traffic light and then Bob's your uncle."(真っ直ぐ行って、次の信号を右に曲がったら、ボブは君の叔父さんだ。)


あー、なるほど。右に曲がったらボブは俺の叔父さんか。
じゃあ、次の例文に行ってみますか。


A "Fuck, I can't open this bottle." (あー、むかつく。このボトル開けられない!)

B "Just use this opener, then Bob's your uncle." (この栓抜き使えよ、ほらボブは君の叔父さんだろ。)

なるほど、なるほど。栓抜きを使えば、ボブは俺の叔父さんだ。



意味わかりました?ここまで、なんとなく勢いできましたけど。

「ボブは君のおじさんだ」の意味

意味は、

「大丈夫。簡単だから。」
「たった、それだけ。」

みたいな、意味。

使い方や行き方などを説明した最後に、「ボブは君の叔父さんだ。」って言うことで、「簡単だよ。」のニュアンスを強調できる慣用句です。


なんか、もうここまで、このブログ読んだら覚えた気しません?

しかし、せっかくだから、Fanny's your auntも覚えましょう。
これは、Bob's your uncleから派生したもので「ファニーは君のおばさんだ。」ってことです。

けどこれは単体で使われることは、あんましなくて、大体は"Bob's your uncle and Fanny's your aunt"ってな感じで使われます。

単に言葉遊びみたいなものです。

けど、こんな言葉遊びも知っていて言えると、「なんでそんなん知ってるの!」ってなるかもしれないし、

言葉遊び好きの人が急に「ボブは君の叔父さんで、ファニーは君の叔母さんだ。」って言われた時に??ってならんで済みます。



こんな感じで、単語単語の意味は全部わかるのに、意味はまったくわからん!みたいな英語の慣用句はいっぱいあります。
けど、一回聞いたらこういうのは、インパクトがあって忘れないはずなので。