時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

バガボンドの名言から学ぶ英語、ワーホリへの姿勢。ワーホリ諸君、もっと外に出て話せ。

スポンサーリンク

今日は昨日書いた、

www.nzryomiyu.com

に引き続き、今日は「バガボンド」です。

f:id:ryomiyunz:20170206134226p:plain

このバガボンドは言わずと知れた井上武彦が著者。内容だけではなく、その1つ1つの絵に魂がこもっているような漫画。


女性の方向けでは無いのかもしれないけど、誰でも楽しめる漫画だと僕は思います。

また、前回の宇宙兄弟とは違って、少しダイレクトな言葉が多いかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ワーホリしてる人は結構英語に苦労している。

皆んなが皆んなとはいいませんが、ワーホリしている人はけっこう英語が話せないことに悩んでいるみたいです。
もちろん悩むと思います。

僕はイギリスに留学に行っていたおかげと、日本でも英語を使う機会を死ぬ気で探していたからある程度英語が話せる状態でニュージーランドに来ました。

そんな僕でも正直、ネイティヴとの会話は大変だし、覚えることがいっぱいです。

だから、毎日死ぬ気で遊んで、話して、どこいってもとにかく話して話して話して。例えそれが友達じゃなくても、知らん人でもとにかく話す。

そんな、少し英語話せる感じの僕でも苦労しているんだから、英語がちんぷんかんぷんでやってきた人は、僕の100倍は話すべきだと思う。


皆んなも苦労しているだろうけど、皆んな苦労しているから私もーなんて考えは甘い。とにかく動く!!!!


はい、バガボンドの名言からその姿勢を学びましょう。

バガボンドの簡単なあらすじ

剣における天下無双を目指し、殺し合いの螺旋の中へと身を投じていく宮本武蔵。同じく、剣の道を究めんとする者たちは、放浪の人(バガボンド)となり、その運命に翻弄されていく——。
井上雄彦が吉川英治の小説をもとに描く、大胆かつ斬新な「宮本武蔵」。講談社漫画賞、文化庁メディア芸術祭大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞の傑作。

参照バガボンド / 井上雄彦 原作 吉川英治 - モーニング公式サイト - モアイ

バガボンドの名言から学ぶ英語、ワーホリへの姿勢

この世に生まれて、十数年生きた、そして死ぬ、それだけのことだ

これはまだ、宮本武蔵が、死に対する恐れを何も抱いていない時の言葉です。

この世に生まれて
十数年生きた
そして死ぬ
それだけのことだ

バガボンド

初っ端から死ぬ!?なんて思うかもしれんですけど、要は言いたいことは、

「ワーホリに来て、1年過ごした、そして帰る、それだけのことだ」

って事です。ワーホリは期限つきです。ワーキングビザのサポーター見つけれるなら別ですけど、英語話せない、友達いないで悩んでいる人にとってはそんなの夢のまた夢のはず。

1年なんてあっという間なんだから、とにかく家から飛び出してひたすら話す!

1年間くらい不健康な生活しても死なないんだから、とにかく朝から晩まで休みなく、遊んで、仕事して繰り返して英語を話す!

感じるべきは楽しいかどうかだ

これは伊藤一刀斎という、佐々木小次郎の師匠である武士の名言。

剣に生きると決めたなら
正しいかどうか
などどうでもいい

感じるべきは
楽しいかどうかだ

バガボンド

そう、せっかく思い立ってワーホリに来ると決めたのだから、まずは楽しまなければ。英語を正しく話せているか、なんて関係無い。とにかくまずは楽しく話せているかどうかを考えよう。

正しく話せるかどうかを考えるのは、まず楽しく会話できているかどうかのあとから、考えるべきなんじゃないかと。

それがどうやら…「見る」ということだ

これは沢庵という、主人公の宮本武蔵が出会うお坊さんの名言で、

一枚の葉にとらわれては
木は見えん

一本の樹にとらわれては
森は見えん

どこにも心を留めず
見るともなく全体を見る

それがどうやら…
「見る」ということだ

僕はこの名言をこう捉えています。

「一枚の葉」を1つの単語、「一本の樹」を1つの文、「森」を1つの話題

これは半分自分に言い聞かせているようなもんだけど、1つ1つの単語を聞き取ろうとするとかなり難しい。もちろん最終的には全部の単語を取りこぼすことなく全て聞き取れるのが理想。

しかし、1つ1つの単語を気にしすぎて、その1つの単語を見失った時に、森全体を見失うことになる。つまり、会話全体がわけわかんなくなる。

いつも1つ1つの単語を意識過ぎていた僕には突き刺さる言葉です。もっと全体を意識して聞くことによって、拾え無い単語はあれど、会話全体の流れをつかんで、会話に参加するのが大事。

認めてしまえ、ありのままのお前を

これまた、沢庵坊のお言葉で、武蔵に言い放った言葉です。

認めてしまえ
ありのままのお前を
修行はそこからだ

バガボンド

これこそ、正に皆んなに言いたい言葉のひとつ!
中途半端に英語が話せると思っている人!!正直まだまだ、話せていないですよ!まずは、まだまだ全然話せないことを認識することが大事。

けど、それは恥ずかしがることは全然なくて、認識後にがんがん修行すれば良い!!

出会う者すべてを敵にする

これは、宝蔵院 胤栄が荒々しい武蔵を見て放った名言。

お前自身の殺気が
出会う者すべてを
敵にする

バガボンド

これは、友達ができないとか嘆いている人への言葉です。

殺気を出しているとは思いませんけど、なんか「緊張」「不安」とかの雰囲気がだだ漏れなんじゃないですかね?それが相手に伝わって友達を作りにくくしているのかも。

言葉をうまく伝えれなくても、あなたの持つ雰囲気次第で、話しやすさとかは絶対にかわります。

最後に言いたいこと

今回はバガボンドという漫画の内容上、なんだか強めの言葉が多かったかもしれませんが、言いたいことは伝わりましたかね?

1年くらい日本語話さないくらいの気持ちで英語を話すべきだと思う。

僕らが日本語話せる理由は、とにかく毎日聞いて話したからです。そして、ニュージーランド人が英語を話せる理由もそれに尽きます。
悩んでいる暇があるなら、まずは外に出て英語を話してみては?

最後の最後に豆知識

この「バガボンド」というタイトル。

実は英語なんです。VAGABONDと書いて、日本語で「放浪者」という意味なんです。日本語っぽいというか造語みたいな感じがしますが、かっこいい英語です。