時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

海外で格安で車を借りる!レンタカー、キャンピングカーを1日$1で借りる!

スポンサーリンク

どうも、こんにちは。

クリスマスが近づいているにも関わらず、雪が降るどころか暖かくなっていくことに戸惑いを隠せていません。
道産子の僕としては人生初の夏クリスマスです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ


みなさん、海外旅行中に車を借りて旅行をすることってありますか?

僕はつい、先日行ってきたニューカレドニアで車を借りて旅行しました。
1日約$60かかりました。正直そんなに悪くはないのかな?って感じです。


しかし、安ければ安いほど良いですよね。

なんと、ニュージーランドではimoovaというウェブサイトで、1日$1で車が借りられます!しかもキャンピングカーのようなでかい車が1日$1です!!!

f:id:ryomiyunz:20161220062007j:plain
こいつが$1!?



ニュージーランドのような自然豊かな国では、ホテルに泊まってばっかりではなく、キャンピングカーで旅行してお泊まりなんてのも良くないですか!?

何故こんなに安いのか、使い方などを説明していきます。

ニュージーランドで格安で車を借りる為に、サイトにアクセス

ここから
http://www.imoova.com:imoova

はい、ニュージーランドだけだと思っていたあなた!!!

オーストラリアでも$1
イギリスでも£1
アメリカでも$1
カナダでも$1
ヨーロッパ各国でも1€

で、車をレンタルできます!通貨の違いはあれど、100円みたいなものです。

何故そんなに安い?


実際ここまでくると、安過ぎて不安になる値段ですよね…

仕組みとしては、レンタカー屋さんが、「他の街の支店に車を移したいけど、ドライバー雇うと高いし…。そうだ、誰かに貸してあげる代わりに持って行ってもらおう!」ってことなのです。


これこそ、正にギブアンドテイクってやつですね。

しかし、普通にレンタカー屋さんで車を借りるのとは少しシステムが違います。なので、さらっと説明して行きたいと思います。

早速借りてみよう!

サイトにアクセスすると、車を借りたい国をニュージーランド、オーストラリア、イギリス、アメリカ、カナダ、ヨーロッパから選ぶことになります。

今回は、例としてニュージーランドで行いたいと思いますので、ニュージーランドを選択致します。

車を選ぶ。

車種


レンタカー屋では、好きな車を選ぶことができますが、imoovaでは"レンタカー屋さんが運んで欲しい車"から車を借りることになります。

なので好きな車をなんでも借りれるわけではありません。

しかし、大きい車じゃないのが良いなー、なんて人もいると思います。基本的には大きい車ですが、たまに6人乗り程度の車もありますのでまめにチェックしてみてください!

レンタル期間


上でも書いたように、あくまでも"レンタカー屋さんが運んで欲しい車"です。

なので、期間もこちらが決めれるわけではありません。

だいたい、3〜7日間というところでしょうか。

レンタルする場所と返却する場所

これも選ぶ車によってまちまちです。

レンタルする場所はオークランド以外の大きな都市からレンタルすることがだいたいできます。

オークランドは最初の拠点として、多くの人が出て行くということもあり、なかなかオークランド発というのは残念ながらなかなか見つかりません。

しかし、オークランド返却というのは多いので他の都市からオークランドを目指す旅行に適しているサイトと言えるかもしれません。

車を決めたら

f:id:ryomiyunz:20161219141716j:plain


まずは、自分の日程に合う車を見つけてMORE INFOをクリックして、更に、More detailsを見てみましょう。

すると、選んだ車についての詳細の情報が出てきます。

車の詳細

f:id:ryomiyunz:20161219141722j:plain

上記の画像の詳細は上から…

Vehicle → 車種
Berths → ベッドの数
Seats → 椅子の数
Beds → ベッドの詳細と数(ダブルベッドなのかシングルベッドなのか)
Transmission → オートマかマニュアルか
Fuel type → ガソリンの種類
Average fuel consumption → 燃費(この画像の場合は100kmで14リットル)

となっています。


f:id:ryomiyunz:20161219141724j:plain

Standard → 備え付けの物
Kilometres allowance → 許容走行距離
Ferry → Ferryに乗る際の費用に関して。

Kilometres allowance(許容走行距離)とは

上の画像では2000となっています。つまり「2000km以上を走ったらお金がかかりますよ。」ということです。この車では、これを1km越すごとに$0.28かかります。

Ferryとは

ニュージーランドは日本と似た様な島国です。南と北で分かれているので南で借りて北に返却する場合には車でフェリーに乗らなければなりません。なので、ここでフェリーとドライバーがfreeとなっている場合はタダで乗ることができます。たまにドライバー1人だけが無料の場合があるので、注意しましょう!


f:id:ryomiyunz:20161219183610p:plain

Age → レンタルできる年齢
License → どのような免許で借りることができるか。
Bond → 保証金
Insurance → 保険
Extra Kilometres Charge → 超過料金
Holding Deposit → 手付金
Deposit refund → 保証金の返却時

年齢について

ニュージーランドでは、免許を持っていてもある一定の年齢を越してないとレンタルできないことが多いです!

保証金について

ここでの保証金は$1000です。車を綺麗にして返せばこれはそのままそっくり返ってきます。
しかし、キャンピングカーの場合はトイレを使ったりしてもお金がかかるので、外見だけ傷が無ければ良いというわけではありませんのでご注意ください!

超過料金

上記でも書いたように、決められた走行距離を超過した分はお金がかかります。

デメリットと注意すること

すでに、いくつかデメリットと注意することは出てきましたが、さらっとおさらいしたいと思います。


予定が組みにくい

なんせ、あくまでもレンタカー屋が移動させたい時に借りれるので、何ヶ月も前から予約できるわけではありません。早くてもだいたい2,3週間前に予定がでます。なので、何ヶ月も前から予定を決めるということができないので、少し予定が組みにくいです。

借りる場所と返却場所を自分で決めれない

これも、問題で、自分で好きな場所から借りれて返せるわけではないので、少し不便さを感じることもあるかもしれません。

長期間借りられない

先でも書きましたが、基本的に3,4日という感じです。なので長期旅行には向きません。しかし、うまく探せば返却先の街から他の街や、同じ街に戻ってみるとかもできるので、うまく都合が見つかる場合もありますので、小まめにチェックですね。

とにかく車によって細かいルールが違う

車によっては、ガソリンも無料、フェリーは無料などなどありますが、これが含まれていない場合など、短い走行距離しか許されていないなどもあります。

また、$1で借りるよりも、$5で借りる車のほうが長距離走って良い場合などもあるので、そこらへんは細かくチェックしましょう。

返却時間によっては2日分の超過料が取られる?

3時までに返却の場合に、時間が過ぎ4時半までに返却すれば1日分の超過料ですが、4時半も過ぎてしまうと2日分の超過料が取られるなんて車もあるので、時間は厳守で行きましょう!

本当に1日$1で借りれるの?

上でもいくつか述べてきましたが、キャンピングカーのトイレを使用した場合はお金を取られますし、フェリーに乗らなければ行けない場合は、有料の場合もあります。
また、ドライバーを追加する場合にも追加料金を取られます。僕がいままで見てきたものだと、だいたい$5くらいが相場です。他にも、備え付けの寝袋や備品を使うとどんどん追加料金を取られてしまいます。

しかし、これらはだいたい自分で買って持ち込めるものが多いですし、トイレもその都度、カフェなどで済ませれば良い話です。しかし、1人でずっと運転というのはかなりしんどいと思うので、安全性も考えてドライバーの追加や、予備の保険が必要だと思う場合は加入すべきでしょう。

1日$1で借りることは可能です。しかし、一緒に旅行に行く人、万が一の事故に備えて注意事項をしっかり読み、多少の追加料金を払うことを僕はおすすめします!

最後に

借りる場所や、期間の自由がきかない面もありますが、とにかく安い!これを踏まえれば多少の自由のきかなさには目を潰れるのではないしょうか?乗り捨て可能なので借りた場所に戻る必要もありませんし。
車によっては、期間外の延長を1日$100から等で行っている場合もあります。キャンピングカー等のでかい車を1日$100でも十分安いですよね。


ルールを完全に守り、綺麗に使えば本当に1日$1しかかけずに車を借りれるこのサイト。どうだったでしょうか?
ニュージーランドだけでなく、イギリス、オーストラリア、カナダ、アメリカ、ヨーロッパ諸国でも同じく車が安く借りれるので、是非利用してみてください!ただし、借りる場合にはしっかりと車についての詳細を読み、細心の注意を払って運転しましょう!

皆さん、キャンピングカーで大自然を満喫する旅に出ましょう!!!!!!!