時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

ニュージーランドでのワーホリ中に食費を抑える方法。ワーキングホリデーで貯金!

スポンサーリンク

最近はすっかり、kiwi英語なるものをすっかりさぼっていました。
というか、そんなに面白いものが次々見つかるものではないので、難しいです。ですが、久しぶりに見つけました!

"mean"です。

これ、皆さんもご存知の通り、「意味する」って動詞だったり、「意地悪な」っていう形容詞で使われますよね。

しかし、kiwi英語では、まったく違う意味になります。


なんと"Cool"という同じ意味で使われているのです!なので、"Oh, that's mean!(That's cool!)"なんて使われ方をします。

いきなり、言われて「それ、意地悪じゃん!」と言われたと勘違いしたことありますが、褒められているので、皆さん驚かないでください!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ

では、本日の本題に移ります!

ニュージーランドでワーキングホリデーをする方の中には、「お金を稼ぎたい!」って方結構多いんじゃないでしょうか?
とにかく、どんなバイトでもやって、お金を貯めつつ英語を学ぶ!って感じの話しはよく耳にします。



しかし、噂に騙されて、食費がそれを邪魔すると思っていませんか?




日本での食費 VS ニュージーランドでの食費

まずは、そもそもニュージーランドの食費って本当に高いのか?っていう話しからです。

とりあえず、下記のウェブサイトを覗いてみてください。

Cost of Living Comparison Between Tokyo, Japan And Auckland, New Zealand


こちらは、あくまでも参考程度にしてほしいんですが、

  • レストラン

まずは、1番上のレストランでの比較ですが、約1.5倍もの値段がします。
ニュージーランドは本当に外食の値段が高いです。昼食なら、中国、韓国系のテイクアウェイ系の場所では、10ドルしないで食べることができます。しかしながら、外で夜食となれば、僕の経験上平均して約25ドル近くのお金がかかります。これは飲み物抜きでメインの物だけの値段でです。

日本の居酒屋なら飲み放題込みでこの値段で食べられるところもいっぱいあります(夜ご飯だけは日本に帰りたい)。

  • コーラ

また、よく物価の違いで使われるコーラに関しては約2倍近くします!
僕はコーラ好きではないので、関係の無い話しですが。

  • ビール

生活の必需品(僕にとって)であろうビールも2倍以上の値段がします。
ましてや、飲み放題がある日本に比べると本当に高い…

これこそ、生活の必需品…なのに約2.5倍!!!!
しかし、ニュージーランドの水道水は飲めますので安心してください。さらに、外には結構水筒に水をいれるための場所が多く設置されているのです!

卵すら2倍…
こっちは皆さんフリーレンジの卵を買って鳥のことを考えています。


  • 野菜

トマト、ジャガイモ、玉ねぎの野菜類は日本よりも安い!
北海道で育った僕には「東京が高いだけなんじゃ?」なんて思いますが。
とにもかくにも、高いものだらけではないですね!

  • フルーツ

日本はやっぱりフルーツが高い。

海外ではけっこう、映画かのように朝はりんごにかぶりつくだけ!みたいなこともあります。
朝はフルーツだけで充分なんて人には朗報ですね!

皆さん、意外ですね!?日本の主食である米が日本より安い。安心してご飯生活をニュージーランドでも続けられます。

しかし、これはきっとインドやタイ米が安いからなのではと思います。けど、日本米に近い米もけっこう安く買えます!



こんな感じでざっと、値段を見ましたが大体のものが高い…なんて思ってしまいますが、安いものも結構!フルーツや、野菜なんかは割と安く買えますし、主食の米が安い!中国系のお店に行けば
しかし、こうして見ると、外食をしなければ、野菜など安い分、意外とちょんちょんに見えませんか!?

ニュージーランドはなんでも高い、貯金なんかできない!なんて言われますが、方法によってはできると思います。

ということで、

「ニュージーランドで食費を抑える方法!」

自給自足の生活

こんなのあたりまえじゃん!なんて思われるかもしれませんが、やるべきだと思います。
ワーキングホリデー生活中に十分なスペースを確保なんてできないこともありますが、部屋の中でも、バジル、もやしとか結構作れます。僕らも実際にバジルを育てていますし、市販の感想バジルなんかよりも全然美味しいです。

賄いの出るレストラン、パブなどで働く!

これは、日本で1人暮らしなんかしてても同じですね。
こっちにも賄いが出るような場所はいっぱいあります。なので、働く場所を決める際には、賄いなんかのチェックも怠らないようにしましょう!

余り物がもらえるレストラン、パブ等で働く!

これも上に似たような感じですが、あまったもので、明日には使えないものをくれる場所があります。
これは、僕の彼女の話しですが、現在はパン屋で働いているので、余ったパンはいくらでも持って帰ってきて良いのです。なので、我が家の冷凍庫はパンでぎっしりです。

このおかげで、我が家では朝と昼の食費がほとんどかかっておりません。

安いスーパーを見つける

これこそ当たり前のことなんですが、本当に大事です。

めんどくさいとは思いますが、日本系のものは普通のスーパーで買わないで中国系のお店で買うのが断然安いですし、日本のものが食べたくても、似たような中国、韓国、インド系のものを探して買うほうが安いです。豆腐、麺類、米あたりはそうですね。

スーパーでも、物によって安い、高いがありますので、周りのスーパーをしっかりと確かめましょう。

僕としては、PAK'n SAVEが他のスーパーに比べて全体的に安いと思うので、お近くのPAK'n SAVE探してみてください。

多く買って冷凍する

ここまで来ると、ニュージーランドだからじゃなくて、ただの節約生活みたくなってしまいますね。笑
しかし、これも大事で、量が多いほうが安いなんてことはよくあります。なので、「いま、こんなにいらんなー。」って思っても、買って冷凍しちゃいましょう!




さて、最終的にみると、ただの節約生活みたくなってしまいましたが、働く場所、買う場所によっては、食費をほとんどあって無いようなものにできてしまう場所もあることがお分かりいただけたでしょうか?

ちなみに、僕らは週の食費は外食をしない場合は、2人で$70もしていないと思います。基本的買うものは野菜と果物で、主食になるものは、1回で大量に買うことにしていますし、パンは好きなだけ食べれますので。


なので、その分外で食べるときはある程度我慢せずに多少高くても食べることができています。


ただ食べないで食費を削るなんてことは、体に、健康に悪いので、しっかりと食べて、なおかつ食費を抑えれるような生活を目指しましょう!


相談、英会話レッスン募集中ですので、ご連絡お待ちしております!

www.nzryomiyu.com