時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

日本から出て良かったと思えること。

スポンサーリンク

久々の完全な休養日の今日。
マニュアルの車を買ったため、ひたすら練習していました。


ズバリ、日本から出て、また海外で暮らして良かったと思えることを書いていきます。
これに関しては本当にいっぱいあるので、シリーズ化できたら良いなーなんて考えています。


今回は、”あいさつ”

なんといっても、道端で人とすれ違えば、
にっこり笑ってあいさつだし、
カフェで働いているときも、あいさつして、何気ないことを話して、
買い物してるときにたまたま知らん人と目が合えば、あいさつだし。


もちろん、この”あいさつ”ってのは
日本の「こんにちは」、「おはようございます」
ってのとは違ってもっとラフな感じで

"Hi!"
"You alright, mate?"

みたいな感じだけど。
けど、こうやって知らない人にも、
心のこもってる笑顔であいさつってのは凄い素敵で、
イギリスから帰国後に、日本でがっかりしたし、
ニュージーランドに来るまで待ち望んでたことの1つです。


日本で、目があったから、にこってすれば、下手すれば
変人扱いだろうし、
みんな知らない人は知らない人って感じだから。


日本にいたときは、その社会のルールに則ってあいさつはしていたけど、
下の者から、上の方へ、先にあいさつ。
その上の方のあいさつはただ目を合わせる程度だったり。

アルバイト先での上司へのあいさつも、
ほとんど返事は無し。
だからってあいさつしないと、直属の上司に伝えて、文句言ってくるし。

あいさつって本来そういうものじゃなくて、
そこに上下は関係なく、
なんか気付いたほうからでいいから先に言って、
相手をハッピーにするもんじゃないのかなって思うわけです。


日本社会でのあいさつってのはこの海外でのあいさつとは根本的には、
違う感覚だってのはわかってはいるのだけれど、
やっぱり、こっちでのあいさつは好きだし、
そこから軽い会話を生み出せるってのは本当に良いことだと思う。


もちろん、日本でも場所によっては、
そんな感じの場所もあるし、
ニュージーランドだからってどこでも、誰でも
そんなわけではないですけどね。




なので、皆さんもニュージーランドに来たら、にっこり笑顔で
Hi
って声をかけていきましょう!!


こちらで頑張っているので、よろしければクリック御願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ