時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

ワーホリ、留学中は本当に日本人を避けるべきなのか!?

スポンサーリンク

ここ、最近ニュージーランドにようやく夏に近づいてきてる感じがしています。
ま、10分待てば雨が降ってしまいますが。

さて、今回のタイトルはよく留学とかワーホリについて調べたら、たまに見かけるものをピックアップしてみました。

「日本人を避けろ。」ってことですが、
良く、聞きますよね。

もちろん自分の国の言葉を話せる人ですから、英語でなんか話しません。(たまに例外もありますが。)
なので、ほんとにとにかく英語を話したいなら、日本人から避けることで、日本語を話す機会が減ると思います。

しかし、それって本当に良いことなのか。
同じ国から来て、同じ国に来ているってことは、それだけで共通点があって、
気の合う人な気がしませんか?

なので、僕は日本人だからって理由で避けるのはもったいなと思います。
英語を学びに来たってことはすごいわかりますけど、国籍関係なく、良い人、面白い人とは付き合っていくのが
面白いし、それが今後に繋がる良いきっかけかもわかりません。

それに、そこに誰か1人日本語を話せない人がいたら英語を話さなきゃいけないですしね。
そのような状況の中でも英語を話さずにずっと日本語を話すような人がいたら、配慮にかける失礼な人なので、やめたほうが良いかもしれません。一概にも言えませんが。

ただ、1つ!
注意したいことは、日本人の友人を作るのは良いけど、
その国の、はたまた、その地方の「リトル日本」に深く入るのは避けたほうが良いと思います。

日本の方1人に出会うと、横のつながりでどんどん日本人の方に出会うと思います。
しかし、たまに、そんな仲間内で小さな「リトル日本」が出来上がっていています。

全員が全員、日本の窮屈な感じが嫌で日本を出たわけではないでしょうけど、
ここに1度入り込んでしまえば、またその「窮屈」を味わうことになると思います。

この「リトル日本」ってのは、だいたい最初は手厚く歓迎してきてくれて、優しくしてくれますが、
あなたは「新しい仲間」ってよりは、「新しい下っ端」のような感じです。
中には自分のほうが長く住んでいるとかで見下してくる人もいますし。
そういう人達に限って英語は下手くそなことが多いです。

*これはあくまでも、僕の個人的な意見ですし、
日本人で構成されているグループを全て非難しているわけではありません。
実際、僕はいままでに多くの楽しい、日本人の方に海外で出会いましたし、
そんな出会いからいま仕事を貰えたりしていることもありますので。

しかし、避けたほうが良い日本人には特徴があるので気をつけた方が良いかもしれません。ってことです。


それでも、尚日本人は避けたいってことであれば、避けても良いと思いますが、
上手に離れていくのが良いと思います。


今回僕が伝えたかったことは、
良い人、面白い人、興味的な人とは、
日本人だからといって避けないでせっかくの出会いを大切にして楽しめるのが良いと思います。

なので、もしニュージーランドで僕と出会うことがあれば、楽しくお話ししましょう!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ