時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

新たに2つ目の仕事GET!?仕事は安易に決めるな?

スポンサーリンク

どうも、こんにちは!

ワーホリ体験記と謳いながらも、大して体験記ではない、ブログですね。
気をつけます。
いや、いっそうのことブログ名を変えればいいんですかね?

それはさておき...2つ目の仕事をGET!!!!!!!!!!!
すみません、少し大袈裟です。
仕事を"GET"という程ではないです。2つ目の仕事をしたというのが正しいです。”一時的な仕事”という感じです。

ともかく、2つ目の仕事を手に入れるまでから、終えるまでのお話しを。


ニュージーランドのワーキングホリデー又は、留学に興味のある方なら、ご存知であろうウェブサイト,
nzdaisuki.com
の求人情報掲示板からツアーガイド募集の仕事を見つけました。

ツアーガイド、あまり自分のしたい仕事では無かったのですが、
ニュージーランドを知るきっかけ、
色んな場所にも行けるし、
彼女も背中を押してくるし、(本当は彼女がツアーガイドをしたいのですが、日本語の読み書きがmustだったので断念。)
とまぁ、そんなこんなで日本語と英語の履歴書を添付して応募しました。

10分後早速返事が!
内容は早速会って、面接をしたいとのこと!

2つ返事でよろしくお願いしますと返答して、あっさりと面接の日にちに日程まで決まりました。
その会社について調べたり、彼女のお母さんに聞いてみたのですが、大した情報は得られず。

日本人相手だからと、そんな謎な理由で
なぜか緊張感も一切得られず、面接への準備を一切行わずに日にちは過ぎ、面接当日。

この会社、オフィスを持っていないようなので、面接場所は某ホテルのロビーにて。

面接官「では、まず初めに、志望動機をお願いします。」

僕「私が貴社を志望した理由は…(内容はぐだぐだ)」

面接官「なるほど、では長所と短所をお願いします。」

僕「えーとですね…(これまたぐっだぐだ)」

面接官「では、どの程度英語を話せるのか確認をしたいので、英語でなぜニュージーランドに来られたかよろしくお願いします。」

僕「Ah, ok. Blah blah...(割としっかりと話せる。)」

ここまでの所要時間10分程。

面接官「では、当社について、また、業務内容について詳しく説明させていただきます。まず初めに…」(約30分以上)


まるで、入社が決まってからの社員研修初日のような内容でどんどんと話しは進んでいき、
最後には、
面接官「もし、本気で当社をお考えであれば明日の17時までにお返事ください。」
と言われ、面接は終了致しました。

んーなんだかすでに入社が決定した様な、形だけの面接?
業務内容はともかく正社員なのに、完全歩合制?
給料低すぎね?
研修期間は給与なし?

怪しい

僕の鋭い感覚が僕自身に訴えかけてきました。(大して鋭くないんですが。)


ともかく、その後は彼女のおばさんの誕生日ディナーがあったので、そこでその話しをして相談。
怪しいねーとかも言われつつ、とりあえずやってみて変ならやめれば?と言われました。

確かに、納得

と思い、翌朝、8時になった瞬間に、やりたいという意思が最大限伝わる様なメールを送信!!!!

そうして、カフェバイトへ。
しかし、なんだか、仕事中も本当に良かったかなーとか思いつつ働いていると、日本人のオーナーが!
早速相談してみると、
んーーーーーー、となんだか浮かない顔。
詳しく話しを聞いてみると…(内容は伏せておきます。)

よし、やっぱしやめよう!!!!

そうして、携帯を開いてみると

採用おめでとうございます。

のメールが… やべぇ、やっちまったと思いました。
しかし、丁寧にやはり辞退するメールをすぐさま送りました。(少し反省しました。)

けど良かったー、と一安心。


すると、その後、お店に僕あてに電話が。

オーナーの旦那さん「その会社応募せんで、俺のところで仕事手伝わん?結構良いお金払うし、楽しいぞ!」

僕「…はい、します!!!!!!!


こうして仕事が決まりました。
仕事内容はと言うと、詳しいことは書けませんが、日本から仕事で来た方たちの通訳、案内から荷物運びなど様々なことをします。
3日間の間にいろんなところをドライブして、一緒に仕事をしたのですが、
楽しいー!!

いろんな行ったことのない場所に行けるし、
普段は立ち入れない場所や、
英語も使えて、

朝は早くて夜がめちゃくちゃ遅いこともありましたし、
日本人相手にあんまし好きじゃない敬語使ったり、へこへこしなきゃいけん場面もありましたし、

と嫌なこともありましたが、ともかく楽しみました。

そして、結構気に入ってもらうことができたので、次の仕事も手伝わさせていただけることに!


こんな感じで、仕事の内容については、触れられないことも多いのでこんな感じで簡略化させてもらいましたが
ともかくお金が少しつくれるような仕事が手に入って一安心です。
(今度、もう少し詳しいお話を。)


ここからは聞いた話しですが、
日本人経営、日本食屋などは、
結構最低賃金以下の場所や、ホリデーペイなどが無い場所があることもあるそうです。

なので、どこにいても同じことだと思いますが、
安易に仕事が決まりそうだからといって仕事は決めないほうが良いと思います。


また、長いですね。駄文失礼致しました!


ブログ村に最近参加したので、クリックよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
にほんブログ村