読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時勢に応じて俺を変革しろ

新卒ブランド捨て、彼女を追いかけて、NZに来た。

教養の無い人は【外国人は空気が読めない】と勘違いする。

どうも、マーディーです。

昨晩、こちらの記事を読んだ。

とても薄っぺらいというか、自分の不満からしか考えていない記事なんだけど。

www.mag2.com


この人によれば、

「なぜ男は妻や彼女に言われずとも自ら洗濯物を畳もうとしないのか」



「ハッキリ言う」は、女性にはできません。



ハッキリ言いましたよ。なぜなら、女性はモノをハッキリ言わないように子供のころから躾けられてきているからです。ビックリしました? 女性は、言われる前に察してナンボの世界で生きているんです。気遣いとか細やかさは、あからさまな「要求」とか「請願」とかとは無縁の、デリカシーとニュアンスに溢れたものだからです。


こういう世界の中において「ハッキリ言う」のは、極めて下品かつ思いやりのないガサツな行為(◆_◆)です。だから、出来ないんですよ。ハッキリ言うと相手が傷ついてしまったり怒ったりするんじゃないかと本能的に感じてしまうんです。


ちなみに「ハッキリ言われる」のもアウトです。なぜならそれは、ハッキリ言われるまで気がつかない(=ジョシじゃない…)ということを意味しているからです。女性はそれほどまでにデリカシーとニュアンスの溢れた世界にいるんですよ。

MAG2NEWS「なぜ男は妻や彼女に言われずとも自ら洗濯物を畳もうとしないのか」より引用


この著者の女性、かなり面倒くさい上に、こんな発言をした後に、下記のようなことも書いている。

世界でトップのハイコンテクストの国、日本。要するに、言語外でコミュニケーションする力が高いってことです。行間とか空気とか、他の国の人には読めないんですね。


そんな中でも女性は、超能力者並みだそうです。もともと女性の方が観察力が高く、細かい事に気がつきやすい上に、ハイコンテクストの文化的な背景があるわけですからね。つまり、家事や育児、介護で、大半の状況は女性にとって一目諒解! ってことです。いわゆる見れば分かるってヤツですね。

MAG2NEWS「なぜ男は妻や彼女に言われずとも自ら洗濯物を畳もうとしないのか」より引用





引用部分の黄色い下線を引いた場所が本題!!


行間とか空気とか、他の国の人には読めないんですね。


また、こういうバカな勘違いする人間がいる。そして、これを読んだ人の多くも勘違いさせてしまう。



日本人は空気が読めて、海外の人は空気が読めない。


そんなわけないだろ!そんなこと言う、思ってるお前が一番空気読めないわ。

空気を読むとは。


空気を読むとは、以下のこと。

その場の雰囲気から状況を推察する。特に、その場で自分が何をすべきか、すべきでないかや、相手のして欲しいこと、して欲しくないことを憶測して判断する。

コトバンクから引用



この空気を読むっていうのは、日本で非常に大切にされている。

ひと昔前には、KY = 空気(K)読めない(Y)なんて言葉も流行ったりした。



そんな、空気を読むは日本人しかできないと勘違いした人間がいる。


君が一番、空気読めてないけど大丈夫?


海外の人も、もちろん空気が読める。


結論から、海外の人でも、しっかり空気が読める。

ここで、一旦「空気を読む」のこの空気の意味を明確にしよう。

日本において、場の空気(ばのくうき)とは、その場の様子や社会的雰囲気を表す言葉[1]。とくにコミュニケーションの場において、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係や力関係、利害関係など言語では明示的に表現されていない(もしくは表現が忌避されている)関係性の諸要素のことなどを示す日本語の慣用句である。

Wikipediaから引用


そう、この空気という言葉はその場の様子や社会的雰囲気を表す言葉である。さらに、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係や力関係、利害関係など言語では明示的に表現されていない関係性の諸要素である。


つまり、国によって、その空気というのは違うもの。それどころか、個人によっても、その空気は違うんだよね。


これらを踏まえた上で以下の話しを考えて欲しい


例えば、


日本の文化について何も知らない、イギリス人が日本の会社に入ったとしよう。

ある日、会社でとてもお偉い上司A「今日は皆んなでパーっと飲みに行くか!」と言った際に、

日本人の部下達「お、いいんですかありがとうございます!(家帰ってしたいことあるのに)」空気を読む。


しかし、イギリス人の彼は、こう言う「すみません、彼女と会う約束をしているので行けません。じゃあ!」



果たして、こいつは空気を読めていないだろうか?


日本的視点から、見ればこいつは空気を読めていないだろう。


ただ、イギリス的視点というか、欧米諸国的視点から見れば、空気を読めていない云々ではなく、「そっか、彼女との約束あるもんね。じゃあ、また今度。」というだけの話しである。


空気を読むというのは社会的文化を知っていて、できることであって、外からいきなり来た人間ができることではない。



つまり、日本人が日本国外に出た時に、日本人だって多くの空気が読めないことをしているわけだ。


話しは少しずれるけど、上司の武勇伝を聞いて、上司のご機嫌をとるだけの飲み会に行くことが空気を読むという日本は腐っている。


そんなの、空気を読んでいるんじゃなくて、その文化とか社会的雰囲気に流れに身を任せて自分を殺すと同意である。





空気を読みすぎて、空気を読めない日本人

空気を読む。英語では read the situation とか read the atmosphere なんても言えるのだが、海外に出れば、日本人は空気を読みすぎて空気が読めていない、なんてことが多いかもしれない。


例えば、

皆んなで食べたいものを話し合っている時に、「なんでもいいよー!(私だけが食べたいもの言ってもあれだし皆んなに合わせよ。)」と言う。

そして、いざ自分の嫌いな韓国料理に決まって、全然食べないとする。そして「辛いもの苦手なんだ。」


周りからすれば、「さっき何食べたいって聞いたじゃん。」って話しだ。


そんな感じで、空気なんか読みすぎても、それは海外では空気が読めてないのと同意だ。




もちろん、世界共通の空気もある

当たり前だけど、世界的にある程度共通している空気ってのはある。


この前、実際に体験したんだけど、

彼女と誕生日の夜ご飯を食べにデート言った。

すると、カフェによく来る知り合いのタイ人のおっさんがいて、話しかけてきた。まだ、注文をしてないにも関わらず、永遠と話しかけてくる男性。

明らかに2人きりのデートと分かる、その雰囲気を、空気を読まずに永遠と話し続ける、おっさん。一緒にいた、若めのNZ人兄ちゃんが、「あれ、まだオーダーしてないしょ?楽しんでね。」と言ってくれて一緒に去って行ってくれた。

空気を読めないおっさんと空気を読める若めの兄ちゃん。

この話しからもわかるけど、国籍は関係なく空気を読むことができる。つまり、世界共通の空気ってのはあるわけだ。


こんなように、世界的に共通の空気もある。



確かに、日本人はとても空気を読む文化がある。しかし、海外の人は空気が読めないわけじゃない。


日本人は日本の空気を読めて、他国の人は自国の空気が読める


これを勘違いせず、海外で空気の読めない人間にならないように、そして尚且つ、空気を読みすぎて自分を殺さないで欲しい




言及した記事に言いたいこと


この記事、個人的にとてもムカつく記事。


超能力が使える女性同士で、マグを洗っていないことに気がつくことすらできない矛盾や、こんなにもハッキリと言いたい事を書いた記事が書けるにも関わらず、ハッキリ言えないという矛盾。


なんだか、モヤモヤ、イライラさせられる記事だった。これは、俺が男性だからなのか。ま、俺は家事の分担もうまくして生活しているし、お互いに超能力者じゃないからこそ、毎日仲良く生活してるけど。

目覚まし時計の音に設定しても嫌いにならなかった曲【Modest Mouse】

どうも、マーディーです。


世の中には絶対な事がいくつかある。その内の1つが、「目覚ましに設定した曲は嫌いになってしまう。」だ。


そう、俺ら人間は目覚ましの音に設定した音は、「なんでこんなに眠い俺を起こすだ!!!!!」と自分で設定したにもかかわらず、自分勝手に嫌いになるという愚かな生き物だ。


ただ、この絶対を俺の中で覆した奴らがいる。その名もModest Mouseだ。


初めてこいつらの音楽を聴いたのは、イギリス留学時。


友達の家でかかっていた、 Tiny Cities Made of Ashesを聴いた時の衝撃は、今でも忘れない。


俺の心臓を叩きつけて、鼓動がドンドンが早くなる。音楽を聴いて興奮する。そんな体験は初めてだった。




それからは、とにかくModest Mouseな日々を過ごした。



【音楽通(自称)】が嫌いな俺が好きなアーティスト

Modest Mouse(モーデスト マウス)


1992年に結成された、アメリカのロック・バンド。(俺が、産まれた年に結成された。)25年近く続く、このバンド。

Modest Mouseという名前。

Modest = 控えめな

Mouse = ネズミ

【控えめなネズミ】という名前からは、想像もできない音楽をする、こいつら。笑



お気に入りの曲


冒頭でも紹介したが、俺はダントツで、この曲が好きだ。




落ち着いたリズムから、サビへの入り込みは、聴いてて最高に気持ちが良い。


ちなみに、俺の彼女は、俺が目覚ましに設定してて、大嫌い。

Modest Mouseについて


結成当初は、Isaac Brock, Jeremiah Green, Eric Judyの3人で結成されていた。

現在のメンバーに加えて、過去のメンバーとツアーメンバーを数えると、その数は17人に登る。これだけ、長く続くバンドなので、何度もメンバーが入れ替わっている。

ただし、メインボーカルのIsaacを除いては。

Modesto Mouseの特徴は、なんと言っても、Isaacのしわがれた、力強い、歌声だ。




バンド名の由来は、Virginia Woolfという、子供向け作家の"The Mark on the Wall"の一節から取られた名前。



"I wish I could hit upon a pleasant track of thought, a track indirectly reflecting credit upon myself, for those are the pleasantest thoughts, and very frequent even in the minds of modest mouse-coloured people, who believe genuinely that they dislike to hear their own praises."


他のオススメ曲


2番目のお気に入りは絶対にこれ。








Modest Mouse
英語のオフィシャルサイト


www.sonymusic.co.jp

自分をさらけ出したプロフィールを書いてみた。

どうも、マーディーです。



先日、こんな感じのブログを書いて、自己紹介をした。


www.nzryomiyu.com


けど、正直、つまらない。というか、俺がどんな人間なのかってのがいまいちわからない。

歴史の教科書みたいな感じ。


もっと、俺がどんな人間かわかる自己紹介をしっかり書くわ。


マーディー


まずは、このマーディーの由来から。


mardyって英語では書くんだけど、

気難しい、ノリ気じゃない

って意味の俺がイギリスに留学してた地方の方言で、なんとなく気に入ってた。


更に、Arctic Monkeysの俺の大好きな曲、Mardy bumでも使われている。

mardy bumってのは、いろんなことに文句言う奴のこと。


ブログを始める際に、ペンネームを決めなきゃなって思ってて、そんな時に思いついたのがmardy。

俺けっこう、いろんなことに文句言うやつだし、それっぽいって思って。

あと、bumってのはケツって意味なんだけど、俺はめっちゃケツがでかい。ズボンが入らないくらいにでかい。



俺という人

現在、25歳、北海道の札幌出身。1年間休学してイギリスに語学留学をしていたので、23歳で大学を卒業して、在学中に出会った、ニュージーランド出身の彼女を追いかけてニュージーランドにワーホリに来る。


現在、ワーホリ中で、

・カフェ
・ベーカリー

・フリーランスのツアーコーディネーター(中途半端)
・フリーランスの翻訳家(中途半端)

という感じ。


ツアーコーディネーと翻訳については、しっかりとウェブサイト作って、宣伝をしたいんだけど、ウェブサイト作りの知識が足りなく、しっかり作れていない。
そして、ランサーズでも仕事を探しているけど、安定して仕事をもらえなくて、苦労しているという現状。

また、いままではコーディネーターの仕事を回してもらっていた人とも、そりが合わないので、仕事を受けるのを止めた。




フリーランスとして


しっかりと始めたいのだが、「仕事をしっかりもらえるようになってからウェブサイトを作ろう」という気持ちと「ウェブサイト作って、自分をアピールして仕事を手に入れよう」という、どちらもしっかりと手についていない状態。


また、上記の2つの葛藤に加えて、このブログもある。ここ最近、なんとなくPV数も増えてきて、この流れで更新をしたいが、
他のことも、という感じで本当にどれも中途半端で自分に死ぬほど嫌気がさしている。


もちろん、増えてきたとは言ってもスズメの涙程度しかお金になっていないブログだから、彼女からは、そんなことする暇あるなら他のことすれって思われている。もちろん、反論しようにも、提示できるものは、まだまだ多いとは言えないPV数と数百円の利益だ。


英語力について


英語力については、日常会話においては、問題は無いレベル。仕事場でも、ネイティヴと仕事をしているが、問題はほとんど無い。


発音という観点から、「全然、日本人のアクセントないじゃん!」とか「こっちでの生活の方が長いと思ってた。」と言われる程度には良い。完璧な発音では無いが、日本で英語を話せるという大半の人よりは、全然発音は上手だと自負している。


ネイティヴの3人以上に囲まれて話す時は、話しについていけなくなることが多いので、この英語力も正直、まだまだ。


なんでも65%できるタイプ


俺にはこれといって、「これができる!すごいべ!」という様な、ものすごい特技はない。

勉強においても、スポーツにおいても、何をしても人並み以上にはできるんだけど、人より何かに突出してできるわけじゃない。


ただ、誰よりも先に、その65%に達することができるから、周りからは割と期待されて生きてきた。

そんな風に期待されることを嫌いと思ったことはない、ただ、そんな期待に応えれるようなことをできている試しが無いが、なんとなくできている雰囲気でごまかしている。


とにかく、意見をはっきり言いたい。とにかく、はっきり


俺は、自分で違うと思った事には、はっきりと「違う、絶対に違う。」と言いたい。

それは、相手がどんな相手だろうと、はっきりと言いたい。年齢も関係無ければ、そこに性別も関係無い。

だから、日本に居た時は、あまりにも意見をはっきり言うから、違うと言うから、あんまし人に好かれていなかったと思う。

ただ、周りにいてくれた友達は、そんな俺にもはっきりと意見を返してくれる人で、それが心地よかった。


インターネット上だと、日本人も意見をはっきりと言うから、ブログで意見言うと、素直な意見が返ってくるのは嬉しい。まだ、そんなに意見をもらえる程の内容の記事を書けていないのが現状だが。



俺が好きなもの


とにかく話すのが好き。

討論とか、意見交換っていうのは特に好き。いろんな事を、いろんな人の考えを知るっていうのは本当に面白い。だから、話すのがってよりは、とにかく何かを知るってのが好きなんだと思う。


泣くのが好き。

こんなこと言うと変に聞こえるかもしんないけど、たまに映画とか、感動するものを見て1人で死ぬほど泣いてみたりするのが好き。なんだか、体が軽くなる。


音楽聴くのが好き

何回か、このブログでも紹介してるけど、音楽聴くのが好き。ジャンルはどんなジャンルでも、とにかく心に響いてくるというか、感情が変わるような音楽が好き。


漫画読むのが好き。

これも何度か紹介してきたけど、漫画は本当に面白い。泣けるし、笑えるし、学ぶこともあるし。少年漫画に限らず、少女漫画もおもしろければなんでも好き。


食べるのが好き。

美味しいものを食べるのが好き。唐揚げ、ラーメン、餃子、パスタ、寿司、ポテサラ、カレー…なんでも美味しいものを食べるのが好き。食べた後に幸せになる。


友達が死ぬほど好き。

俺は、本当に人生において友達に恵まれて生きてきた。いつも、友達がいるから楽しい人生を送れている。





俺は何かと感情が大きく動かされることが好きなんだと思う。なんでもいい、ただ俺の感情を動かしてくれるものにワクワクする。



俺が嫌いなもの。


古いタイプの大人

「俺らが正しい。なぜなら俺はお前より年上」みたいなタイプが死ぬほど嫌い。


ワーホリで日本人と群れる人

日本人同士で交流するのに大賛成だけど、言葉の壁とかにぶち当たって、日本人だけで群れる人が大嫌い。


何においても差別のある人

男だからこう!みたいな男女差別もそうだし、LGBT問題も、国籍による差別も、とにかく差別が嫌い。もっと仲良くしようやって思う。


EXILEとAKB48の類とその狂気的なファン

日本の音楽ランキングが壊れていく


ブランコ

2回揺れると酔ってしまうので、すごい嫌い。


きゅうり

ほとんど水のくせに、料理に入ると意外と俺の嫌いな味を出してくるから嫌い。


俺はこれから何を本当にしたいんだろう


俺はしたいことがいっぱいある。

既にあげたフリーランスのツアーコーディネーター、翻訳家もそうだし、このブログをもっと読んでもらえるようにしたい。

こうやってブログしていくと、ライターとして記事も書いて、地元の北海道は盛り上げたいって最近は考えるようになってきた。意外にも多くの北海道出身ブロガーがいて、最近そのつながりに感動しているし。

スペイン語も話せるようになりたい。いつかはスペインに住みたいっても思っているし。

ただ、全部が中途半端な俺。


これを脱却するために、何をしていいか、本当に手付かずでわからないから、本気で片っ端から行動している途中。



ブログとかなんでも、英語の翻訳してほしい方募集中です。


作ってみた欲しいものリスト


みんなしてるじゃん?たまに買ってくれてる優しい人いるじゃん?
じゃあ、俺も作ってみようってことでね。


マーディーが欲しいものリスト


基本的には調味料とか食料です。あとは、高望みのパソコンとかも本音としていれてみた。




今後


もっと自分をさらけ出していこうと思います。

さらけ出して、それでも尚且つ読んでくれる人に今後もこのブログを読んで欲しい。

なので、この記事でも、過去の記事についてどんな指摘でも、どんなコメントでも貰えたら本当に嬉しいので、もっと俺をかまってくれ!!!!



とりあえず、みんなはこれするのか知りたいんだけどね。

www.nzryomiyu.com